ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

■→● << prev
next >> オスのししゃも

魔王という響きに底知れぬ美しさを感じる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 魔を統べる王

  • 高い焼酎が浮かんだ。ちなみに魔王より大魔王のほうが安い

  • そうあってほしい、なんとなく。だけど、大魔王になると別にそうは思わない、なぜか。

  • 閻魔大王にも感じる

  • あるあるあるあるだね。 中学生のころから

  • でもどうやってなるのだろう。やっぱり自称ですかね。

  • 心の清らかな人間は、その威厳と輝きに感動し、心が汚れた人間は、その姿に恐怖を抱き、恐れおののくであろう。 大天使ミカエルと魔王ルシファーは、双子の兄弟であり、神と悪魔は表裏一体である。 同じ対象を見ても、見る者の心によって、見え方は違うということに注意せねばなるまい。

×
  • 国連射殺団さんに同じく。

  • 私の世代に「魔王」と言うと「ハクション大魔王」の事だ。

  • 最初に思い出すのは「はたらく魔王さま!」の真奥さんなので美しさは感じませんな。

  • あ、あれだ ベル坊と焔王のダメ親父ね

  • シューベルトみたいな?うーん

  • うーん、うーん・・・

  • 美しさとはちょっと違う。

  • なんかかわいい。そういう点ではある意味美しいかも

  • シューベルト

  • 芋焼酎は高級品なのだが、なんで×なんだろうね

  • 物理攻撃に強く魔法に弱いというイメージ。つまり微妙に使えない。

  • 悪知恵働きそう。大きな。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
■→● << prev
next >> オスのししゃも