ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

F-MEGA << prev
next >> アントン・シガー

石油が近い将来無くなる事を知っている

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 化石掘り尽くすんだと思うとすごいね。

  • 知ってるというか聞いたことあるというか

  • なくなると言われている事を知っています。「近い将来」の定義のあいまいさに○で。

  • 代換エネルギーはいくらでもあるだろうけど、石油という物質が無くなると困ると思う。

  • あと40年にはなくなるとは言われているが、正確な年数はわかってないらしい。でも、なくなるのは必然だから、それに変わるエネルギーを考える必要があるね

  • まあ、そりゃ。無限じゃないし。

  • 中東とか石油に頼りきってる国は無くなったらどうするんでしょうかね

  • いつになるかは知らんが、使い続けていればいずれ無くなる事は否定出来ない。

  • そんなにすぐではないにしろ、いつかはそうなると言われていますね。しかし、現在の埋蔵量も詳しくは解っていないみたいですし。いつなくなるかは誰も判ってないんじゃないかな?

  • まァ、「近い」ってのは人によってマチマチだし。

  • ハジメに聞いた年限からだんだん伸びたよね。

  • 実際のところ地球にある石油を全て掘り出すのは技術的・コスト的に無理なので完全になくなるわけではないが、使えなくなる日は来るだろう

  • *

    可採年数はあと50年も無い 早ければあと20年とか言われてる

×
  • オーランチキチキによる石油精製が実用化されれば問題ない

  • 原発推進派のウソに騙されてはいかん。ウランの方が先に無くなるらしい。いずれにせよ、CO2の排出は、森林が吸収できる量に抑制するべき。原発によって減るCO2排出量は誤差の範囲であり、原発はこの点でも意味はない。

  • 化石燃料だから無くなるのは確かだけど、昔聞いた枯渇する年数から先に延びているので何時になるやら・・・。

  • 次がメタンハイドレートなら日本は一気に資源国と昔聞かされました。

  • まあいつかはなくなるというか、取れるだろうけど採算が合わなくなるラインが来る。今の油田も簡単に吹きあがってるくる部分を主に使ってるし。原油の値段が上昇すれば、水で押し上げたりとかコストかけても使える油田があるので、当分先にはなると思うが

  • いつかはなくなるだろうけどまだかなり先みたい。

  • 化石燃料なのでそりゃいつかは使い切るでしょう。自然界における原油の生産速度が人類の需要速度を上回ることはないでしょうし。

  • 30年前にも言っていた、きっと30年後も同じだ。

  • 可能性はゼロじゃないが、代替エナジーの為の技術がかなりいいところまで来てるので「利用しなくなる」が正解のような気がしている。

  • 自分が死ぬまではとりあえず持ちそうな感じ。

  • いつかはなくなるんだろうけど、いつなくなるかの予測はここまですでに外れてるようだからね

  • まあどんどん先延ばしされてるんだけど。それが駄目でも石炭液化は出来る。ただ、化石燃料頼みそのものが行き止まりなのは間違いない。

  • 30年前私が子どもの時は、石油は30年くらいで枯渇すると言われて、いつか無くなると信じていた。今は、新規油田の発見や、掘削技術の向上もあり、もっと楽観的な考えが主流。

  • 石油会社からすれば、「なくなる」と不安を煽っておいたほうが高く売れる

  • 新興国の石油の消費が増え無くなる速度は速く・・でもいつというのは?・・・

  • 忘れたけど石油に代わる新燃料があるんだよな確か

  • もう何年も閉店セールをやってゐる店みたいな感じ?

  • 近い将来のもの差しは人それぞれだけど、無限なんてきっとない。

  • 30年前に「あと20年で枯渇する」と言う話を信じていた者としては、迂闊なことは言えない

  • 枯渇するかもしれないし、枯渇しないかもしれない。たとえば原油を精製するようなバクテリアも発見されているらしいし、また原油高の影響でもっとコストがかかる地域での採掘が可能になれば時間稼ぎはできる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
F-MEGA << prev
next >> アントン・シガー