ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ここ一番の大事な試験を、カンニングで無... << prev
next >> 哲学という「学問」においてのフィールド...

哲学を「生き方」ととらえている人はオープン→○ 「学問」と考えている人はクローズド→×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 他人の哲学を自分の生き方に落とし込むという訳ですな。

  • なるほどな

  • 語弊がなくもないけど、学問と捉えるより生き方だと考えた場合の方が格段に関わる人口が増える~そんなニュアンスなら。

  • 学者にケンカ売ってるわけじゃないよ。

×
  • 生き方について考える、というときには哲学的と言えるかもしれませんが、哲学は生き方そのものではないと思います。学問と捉えても、それは必ずしも内側へ(多分自分の心の中のこと)だけ向かうものだとは限りません。

  • Postの意図はよくわからんが、「人生哲学」のように哲学という言葉を「信念」に近い意味で語られると「それ違うだろ」と言いたくなる。哲学の根本は「疑問を抱くこと」だ。哲学を生き方だとするなら、まず自分の生き方を疑え。

  • OとCはいらなかった気が。

  • 「○でもあり×でもある」ということが多分に考えられそうなのでPostとして失敗だと思う。

  • 少なくとも自分の「生き方」は「哲学」ではない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ここ一番の大事な試験を、カンニングで無... << prev
next >> 哲学という「学問」においてのフィールド...