ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

(○)リコピン (×)デコピン << prev
next >> ◆

整数と偶数の数は等しい→○ 整数は偶数より多い→×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 一対一に対応付けできるので等しい

  • どっちも無限なので判断できない、というのが実は1番正確なような

  • 集合の濃度、無限濃度って習ってはいるけど、いまいち納得していない。

  • 一緒な気がするだけ

  • 無限集合の濃度の辺りまでは一応読んだ。

  • 数学的にはこっちじゃないかな。

  • 部分集合のような気がするがちゃんと一対一対応する

  • まあ全単射をつくりゃいいだけの話だから

  • 整数,偶数の個数共に∞;したがって整数と偶数の数は等しい(∵↑の通り)//→♪すいか泥棒さん/ですよね、スッキリしました、そう思います

  • 整数は、偶数と奇数を合わせたものだから、偶数の2倍の数がありそうだけどね。/すいか泥棒氏の主張はもっともだね。ただ、「要素の数=濃度」と定義すればいいだけのこと。でもそう言明すると必然的に○になるので、あえて議論の余地を残したんだけどね。

×
  • 整数−奇数=偶数じゃないの?

  • 直感的には、シロさんのように極限を考えて×だろうと思うんだけど、全単射と言われると確かにそうだなあ。

  • 無限vs無限であっても、集合としては明らかに

  • これは何だ?/濃度は等しいって、奇数はどこ行ったんだ?サッパリだぜ〜

  • 要素数の比較でなく、濃度が等しい?コトの2択では、いずれも否だと思う。

  • 違うの?あの、数字恐怖症なんすけど何か??

  • 奇数と偶数が整数に含まれるんだし、…くらいまでじゃだめすか

  • うぅ、わかんねえ……頭痛くなってきた

  • "偶数と奇数の数の和は、偶数のみのそれより多い"?んー

  • よくわからんがこっちにしよう。

  • ある範囲の整数は、その範囲の偶数に奇数を加える・・・

  • どちらも間違い。無限集合を要素の数で較べることに意味が無い。濃度なら等しい

  • 一本の針のうえに天使が何人(何人…て?)停まれるか、みたいな神学論争みたい

  • ほんとに関係ないのですが、沖縄料理のコーレーグースーって、ツボです。好きです…

  • 連続した整数が2n個あるとき、その中に偶数は最大n個含まれるので、lim[n→∞](2n/n)=2で、整数の方が多い感じがする

  • 整数は奇数と偶数だから整数>偶数だろう。普通に考えれば。

  • 簡単な集合論しかわかんないけど、整数⊇偶数かつ整数⊆偶数を証明すればいいのか。後者の証明はどうするんでしょ? // あーググったら何となく分かった。そもそも集合の数を考える事自体がおかしいわけね(数ではなく濃度)。

  • lim count(even)/count(int) ≠ 1 より、等しいとは言えないと考えます。 ※count は -n..n までの範囲で指定の性質を満たす整数の数とする。0.99999999999... = 1 が想起されます。/追記:16たるとさん、確かに n->2n で一対一対応になりますね。 でもまぁこっちで。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
(○)リコピン (×)デコピン << prev
next >> ◆