ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

雲の中をライトを付けて飛んでいる飛行機... << prev
next >> ○:自分は人気だ×:自分は不人気だ

究極のエコ=人間を増やさないこと

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「一人減らせばいいのよね」

  • 知恵を持ちすぎるのも、考えものだな

  • 雑誌に載ってたなその話。いくら温暖化対策したって気温を上げる要因となる二酸化炭素を吐き出してるのは人間だもんね。とは言っても人口を抑制したところで高齢者を支える人達がいなくなる訳で・・・難しいなあ。

  • 言えてる!途上国の人口爆発をどうにかせんと…

  • ついでに半分にする気じゃないかな・・・

  • もう一人欲しいんだけどね、経済的事情で断念したよ・・・ってそういう話じゃないのか

  • 中国と印度は気付くのが遅すぎた

  • 言いたいことはよくわかる

  • まぁ人それぞれ考えはあるんだろうけど

  • エコとして一番力を入れてるっぽい「二酸化炭素排出量を減らす」為だったら、単純に「人が減ればいいんじゃね?」と思った事はある。でも、温暖化と言っても地球史上で見れば今は冷えてる位だって何かの番組で見たので、温暖化は人間にとって都合が悪いってだけな気がする。

  • 究極を言えば、ですけどね

  • 内心そう思ってるけどなかなか人に言いにくいことですよね

  • 今は、過去に地球に降り注いで蓄えられた太陽エネルギーを食い潰してる状況だけど、これを現在の太陽エネルギーだけで賄えるところまで人間社会の規模を縮小しないと駄目でしょ

  • ビートたけしさんも似たようなこと言ってたね

  • ミもフタもないけど、そうですね。

  • 確かに…死にたくはないけど

  • まぁそうだけど寂しくなるよね

  • なるほどその手があったか

  • 1人の人間が生まれてから死ぬまでの間に地球環境や生物に与える負荷は想像を絶します。エコ=自然環境(人間を含めない)保護と定義して極論すれば、地球上から人間を排除することが究極のエコになりますが、現実的ではありません。

×
  • 感情論で→手ぬるい。実際問題として→raurublockさんコメ以上の見解は無い。

  • 数の問題じゃないので意味がない。環境負荷の面だって人間が増えようが、技術開発なりでそれ以上に負荷を減らせばいいだけの話だろ

  • したり顔でそうこと言ってる奴らがいなくなる事が先決。

  • 食べる→出す→食べる(ry

  • 自分が生まれてる時点でそんなこと言えない。

  • その程度でか。ずいぶん安い”究極”だな。

  • エコというコトバ自体が胡散臭い。

  • もう、循環にはもどれません

  • 人間もエコ、及びエコシステムの一部

  • んー究極かもしれないけど、細かい無駄を減らさなきゃ 同じことを繰り返すだけだと思う

  • 元々エコというのは、地球環境を少しずつ以前の姿に戻すことによって、「人間にとって」住みやすくするという事だから、人間を抜きにして考えることが出来ない

  • ジオン・ズム・ダイクン公…というかそのご子息のキャスバル・ソム・ダイクン公みたいなお考えをお持ちのようで…

  • エコロジーは主に人間を取り巻く環境を対象としているので、対象となる人間が消滅すれば、エコロジー本来の意味すら無くなる。あと地球への負荷については、あくまでエコロジーの分野に沿って導き出したもので、実質的な負荷は地球に聞いてみないとわからない。

  • 知的生命体を排除すること、か・・・?

  • 私も昔はそう考えてたが、ブリンの知性化シリーズを読んで考え方を変えた。人類が絶滅したとしても、いずれ他の生物が人類並に進化して似た様なことをしでかす。自然破壊とは、文明を築くような知的生命体なら必ず一度は通る道なのだろう。それより、人類が自らの所業から教訓を学び、エコロジーというものを真に理解して、その知識を次の世代の知的生物に伝えるべきなのかもしれん。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
雲の中をライトを付けて飛んでいる飛行機... << prev
next >> ○:自分は人気だ×:自分は不人気だ