ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

12Riven << prev
next >> スターダスト(英語でも可)と聞いて思い浮...

言語ゲーム

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ”Sprachspiel”の訳は「言語ゲーム」より「言葉遊び」のほうがしっくりきます。そのほうがウィトゲンシュタインの意図にも合致すると思うんですけどね。

  • ゲームはルールがあってプレイがあるが、その成り立ちにおいては、その関係が反転する。 その反転こそが、言語ゲーム論における重要な考え方 /「文法における語の位置が、その語の意味である」と中期ウィトゲンシュタインは述べ、 世界と言語をつなぐ内的関係が、論理形式から文法形式へと広がっていった。 しかし、このような構造主義的意味理解は、後期において 「語の意味とは言語ゲームにおけるその使用である」と述べられることにより、破棄されることになる。 これにより、文法と使用(生活形式)の言語論的転回がなされることになる。

×
  • ウィトゲンシュタインかぁ。まったく触れたことがない…が、これを元ネタにした牧野修「電撃海女ゴーゴー作戦」は好きな短編です。

  • なにやら違和感がある語。

  • 私も、これを「ゲーム」と訳したのは、ゲームに対する日本人の無理解さ故だと思う

  • とりあえず伝言ゲームは嫌いだ

回答したユーザ
トラックバックURL:  
12Riven << prev
next >> スターダスト(英語でも可)と聞いて思い浮...