ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

し << prev
next >> アルバトロシクス

論理哲学論考

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「およそ語られうることは明確に語られうる。そして、論じえないことについては、人は沈黙せねばならない」-- Ludwig Wittgenstein

  • 「ヴィトゲンシュタイン」「語り得ぬものについては沈黙せねばならない」

  • 中公の世界の名著シリーズで持ってます。あの本では「論理哲学論」と訳されてました。知ってる人には論考で通じます。

  • 前期ウィトゲンシュタインの代表著作であり、思考の限界を示したもので、「論考」と略される。 世界と言語の論理形式の共有による内的関係は、言語には写像されないことが述べられている。 最後は有名な「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」で終わる。 /後期においては、言語ゲーム論により、言語と世界の因果関係が反転し、 論理形式から生活形式へと変わることになるが、その思考の構図は決して間違ってはいないと思われる。

×
  • とても、嫌なものを思い出しました…

  • 読まないけどワクワクする名前…←おい

  • 買ったが、積んだまま。

  • なにひとつ、わからない。内的関係って、内縁の妻のこと?

  • 読み始めたけどまだ消化しきれてない。「参考文献?うざいから明記しないよバーカバーカ」には笑った

回答したユーザ
トラックバックURL:  
し << prev
next >> アルバトロシクス