ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

抜本的 << prev
next >> 射命丸文

あ、わかった!英語の前置詞って感覚で話せばいいんだ!

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ふぃーりんぐ!

  • フィーリング!フィーリング!!

  • その感覚を身につけるのは難しいですが。

  • 感覚で分かるようになったらもうネイティブに近いのでは

  • はい、フィーリングです

  • 話しちゃえ

  • まあそうなんだけどその感覚を間違えておろう

  • ただ、ネイティブの感覚は微妙に日本人とちがいますぞ。

  • その感覚が身についたら一人前、なのかも知れない

  • 恐れることはない。てにをはを全部抜いた日本語でも立派に通じるんだ。前置詞なぞいっそぜんぶ省いてしまえ。

  • やったー。これはすごい発見だ!

×
  • あ、わかった!英語の前置詞って感覚で話すしかないんだ!(わかってない)

  • 覚えられないよ・・今より繊細だった年ごろにさんざんいじめられてさあ

  • これはフレーズで覚えていってその感覚を発見しないと日本人の素の感覚じゃ無理。

  • それで通用したら苦労しねえよwww

  • 良く分からないが何かとても高度な書き込みが続いてそうな気がする。

  • 感覚と言ってるのが「ネイティブスピーカーと同じ感覚」のことだったら○だが、「日本人の感覚」だったら×

  • 訳語ではなくてイメージをつかむことが大事だ。もちろん感覚とは違う。

  • 抜本的にちがう。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
抜本的 << prev
next >> 射命丸文