ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

苺は大きいのよりも小さいほうがすき << prev
next >> 東京へ行くとやたら脚が疲れる

自分の中№1の本

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • デジタルデビル物語転生の終焉。本当は全三巻がいいんだけど。ただし新はあかん。主人公が好きじゃない。

  • 小説の中から選ぶのは難しいから、酒井 邦嘉さんの「科学者という仕事」を挙げとこう

  • 一番はおお振り。本命。

  • とりあえずぱっと思いついたのは孫子

  • えーと、“きらきらひかる/江國香織”とか

  • 新選組血風録 / 司馬遼太郎

  • 暫定 エビアンワンダー

  • 「お付き合い&マナー大事典」何故か昔うちのポストに入ってた

  • ぼくは勉強ができない / 山田詠美 (いろんな意味でわたしを変えてくれた秀美くん)

  • 小一時間考えたが「長くつ下のピッピ」かな

  • 小林賢太郎戯曲集 椿・鯨・雀

×
  • 真剣に考えたけど一冊に絞れなかった…。

  • 決められない。

  • 一番読むのが難儀だったのが、豊饒の海シリーズ マジで精神的に辛かった 辞書なしで読めないし… 松井秀喜が愛読書に挙げてたけど、あれホンマか?

  • 読書の面白さに気付かせてくれたという点では江戸川乱歩のジュブナイル版明智小五郎シリーズを挙げたい。No.1ではないが。

  • 本を語る前に国語のお勉強をしようか。

  • まだ出会ってないのかもとか思うとぞくぞくしてしまう。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
苺は大きいのよりも小さいほうがすき << prev
next >> 東京へ行くとやたら脚が疲れる