ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

紆余曲折、曲がりくねった道と言えばビー... << prev
next >> 花のない薔薇屋

自分にとって消化試合でも相手にとって重要な一戦のときは全力で負かしにいく(米長哲学)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 負けて言い訳しても見苦しいし。

  • これはそうするべきだと思うなあ。

  • それはとても重要なことだと思う。でも、それがなかなかできない。

  • たとえ子供相手でも全力で負かしにいく。それが私のポリシー。

  • 全力で戦わないと失礼だと思う

  • 勝負事では絶対必要な気構え(勿論米長以降)その工藤かどうかの結論は今後 // これ安っぽいとか言える立場の人がうらやましい

  • この米長の勝負哲学は、現在のプロ棋界へと受け継がれている。 実際に現役時代の米長邦雄は、A級入りのかかった相手に粘りに粘って逆転勝ちしたことがある。 相撲界では、7勝7敗の相手には勝たせることが多いと噂されているが、あらゆるスポーツで見習ってほしい。

×
  • 安っぽいショースポーツの哲学としか見えない

  • 手抜くの大好き 常に10%の力で生きていたい

  • あんなエロオヤジの哲学に○つけられないな。

  • 消化試合で自愛するのもまた、勝負に徹していればこそという場合もある。(強いて言えば工藤哲学)

回答したユーザ
トラックバックURL:  
紆余曲折、曲がりくねった道と言えばビー... << prev
next >> 花のない薔薇屋