ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「danger」を「ダンガー」と発音したこと... << prev
next >> この速さなら言える

歴史と向き合う術(すべ)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 何らかの目的を帯びた歴史観で逆算して物語のように組み立てない。

  • 捏造する国があるので注意

  • データに基づかない話をしないこと。特に「アジアの人々の心の痛み」論みたいなものは徹底的に排除しないといけない

  • ずっとその術を知りたくて知りたくて。今はまだ歴史の前にただ立ち尽くすことしかできない。

  • 興味のあるところから

  • 体験者から聞けるうちに聞いておく。とかあとは本やTVかな。

  • 身近なテーマとか、自分の興味あるやつだと自分から向き合う

  • とりあえず大河ドラマ、そのとき歴史が動いた…あたりを。

  • 1つの国の伝えに偏らない事。多方面から客観するのも良し。

  • 興味を持った事から入るといいかも。

  • 大河ドラマみてます。

  • 真相を知ることのなんと難しいことか

  • 色々な見聞を広く持つこと、でしょうか。

  • 「アジア」とひとくくりにするから混乱する。一部の連中はわざとやってるんだろうけど。

  • 教科書問題で揺れる今こそ、アジアの過去を正確に後世に伝えなければいけないだろう。

×
  • あるとしたら「地元のことからコツコツと」だと思うけど意地でも目を逸らすつもり。

  • 歴史の重みに潰されそうなの

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「danger」を「ダンガー」と発音したこと... << prev
next >> この速さなら言える