ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

根拠なき否定は、理性の欠如である。 << prev
next >> 梅原淳

最近のJ-POPは携帯小説と同質だと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • なんで言葉がこんなに感動をつかめなくなってしまったんだろう

  • 昔と今って技術が進歩しすぎたせいで感動がなくなっちゃったよね

  • 非常に的を得た表現。感動したー。

  • 10年後に残る迫力が無い

  • 若者受けを狙うあまり、作品の本質を失いかけているという点は似ているかも。

  • 両方詳しくないからこそ謂わんとする事は判る

  • めちゃくちゃ好きやっちゅーねん(笑)

  • あーー言いたい事はわかる。。

  • J-POPや携帯小説に限らず、最近のポップカルチャーは読解力のない受け手に合わせて表現が平易だったり無駄に説明的だったりする気がしないでもない。でも日本だけの傾向ではないような気もする。

  • 言わんとする所へ。テーゼも創作としてのパロデイもない日本の私小説ラップ症だと思う。そういう音楽がパブリシティとか言って他のメディアまで。極めるのが芸なのに薄い未成熟な芸幅を広げては……組み合わせることだけで、価値と個性を説明しようとしてる如何にもデジタル退化な創作スタイル。要は自分の表現の中身に自信がないのでハナから手続きに頼ってんだろう。中身が借り物でも『この部品の組み合わせは新しいですよ』で面目を保ってOKなレベル。自分の表現追求せずに言葉だけパーツにのっけて形だけ音楽にしましたって出されてもね

  • もちろん全てではないけれど、傾向としてはあるでしょうね。

  • モチロン全てではないけど。厚みのなさというか。コメ読んでちょっと考えをあらためました。反省。

×
  • まず携帯小説がどんなもんだか知らぬ

  • 携帯小説読んだことないです。

  • さぁ、どっちも縁が無いからなぁ。Post 主コメを見た限りでは「それを言ったら web なんて右も左もそんなのだらけだぞ」としか

  • 残念ながら私には何が言いたいのか理解できない

  • 聴いてないからわからん。

  • 言わんとすることはわからなくも無いけど、全てを聞いたわけでもないし、全てを読んだわけでもないのでなんとも言えない。そういう事じゃないのかもしれないけど…

  • 良い曲だってある、最近、たまにでも。

  • そうやって全部ひっくるめてでしか言えない価値観の狭さが何とも… 携帯小説でもJ-POPでも何か飛び出たものもあるでしょうに

  • 最近に限らず。そしてJ-POPに限らず。携帯小説は日本の大衆文化が内包していた秩序なき優しさを先鋭化してうんたらかんたら

  • 確かに敬遠してしまう歌詞はあるけど

  • 両方とも全くわかりません

  • 日本語でおk(´Д`)

  • そう言ってみることで、自らのポジションをキープできますか?

  • 歌詞なんて飾りです

  • J-POPにもいろいろあります

  • 一括りにするのはどうかと。

  • 両方知らない。元々Post主さんが挙げてる様な歌詞に嫌気が差してJ-POPから距離を置き気味ではある。

  • 愛してるとか好きとか安売りみたいに歌われ耳障りでしょうがないけれど誰かを傷つけるよりいい(GARNET CROW)

回答したユーザ
トラックバックURL:  
根拠なき否定は、理性の欠如である。 << prev
next >> 梅原淳