ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

○ 辺見マリ × 辺見えみり << prev
next >> イナゴの佃煮を食べると脚が歯に挟まる

名前で呼ばずに外部の人に「うちの女の子」と云う上司

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • いました。その外部の人も、女の子と。

  • 「うちのおじさん」と言ってみる

  • その上司が悪いとは思わない

  • よその会社の人からもそう呼ばれるらしい。「**(会社名の略称)さんの女の子」って。男ばっかりの業界なもんで。子って歳でもないけどな(´д` )

  • 「うちの男の子」も言う  雰囲気がお父さんなので嫌じゃない

  • 下は22、上は32まで皆まとめて「うちの女の子達」と言われている。守られている感じがして決して嫌いじゃない

  • 「うちの」は日本独特のものだと聞いた。いい文化だと思う。

×
  • ○の女性の気が知れない。男性は名前なのに。仕事内容も責任も男性と変わらないのに+雑用お茶汲み。電話や客からも、その担当は自分1人なのに、女とわかっただけで「男の人に替わって」

  • 低く見るニュアンスがあったらだめでしょ。でも軽い会話で「うちの女子」とか言ってます。

  • お父さんじゃあるまいし、何でこう呼ぶの?本当のお父さんが怒るよ。

  • やだなぁ、そういうの。

  • いらっしゃいます。ちょっとむかっ。

  • 成人を指して「子」を使ってる時点で少し不愉快だ。男女区別については両極端な現場しか経験してないので、こういう微妙に差別的な現象を見聞きしたことはない。

  • よくいるけど、嫌ですね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
○ 辺見マリ × 辺見えみり << prev
next >> イナゴの佃煮を食べると脚が歯に挟まる