ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

仙厓義梵 << prev
next >> パスポートのカバー

池と沼の違いがわからない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 魚が住んでるのが池、妖怪が棲んでるのが沼

  • より澄んでる方が池

  • 池は綺麗な感じするよね

  • 人工か自然かって言いますけど、自然にできた池もありますよね。

  • 池田さんと沼田さんの違いは分かるけど。

  • 地理教師曰く「人工のが池でそれ以外が湖沼」と。となるとダム湖は池なんじゃ…

  • 気になって調べたら「池」は「人工的に作ったもの」で「沼」は「自然に出来たもの」っていう自分の中で結論が出たんだけど…皆さんのを見たら違うっぽいですね。結局何なんだ…

  • カッパがどっちにいるのかもわからない

  • 今、、携帯のCMでやってるぅ。。 カッパがいるかいないか・・だって^^

  • 沼と湖は深さで区別するって聞いたことはある

  • なんかで聞いたことあったけど忘れたな

  • 池をむかしばなし語にすると沼なんだ

  • 厳密には区別はないんじゃねェの?湖も含めて。鳥取の湖山池(日本一デカい池)なんか池を名乗ってるけどかなりデカいぞ。

  • そして池沼と呼ばれるのだなあ

  • 池は透明度が高くて沼は澱んでる?

×
  • 池がイケメンで沼がブサメン

  • 湖沼学の定義。池は、人工的に造られたもの。沼は、水深が浅く水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水域。沼と湖の違いを「入って気持ちが良いのが湖。気持ち悪いのが沼」と立川談志師が言っていた。

  • 人工的に造られたのが池で、沼は水深5m以下でかつ最深部に植物が生えているもの…とかだった様な…(うろ覚え)

  • 綺麗加減。←てきとー

  • 浅いのが沼、人工の面積の小さいのが池って習いました

  • どんぐりサンが落ちちゃったのが、池。 木こりが落としたオノを3択で選ばせようとした女神サンが出てきちゃったのが、沼。 うん、多分やけども

  • 沼って何か田植えの時の田んぼがちょっと狭くて深いイメージ

  • むしむしじめじめしていたら沼ー

  • 沼(ぬま)とは湿地の一種。池や湖との区別は明確ではないが、一般に水深5m以内の水域であり、イネ科やシダ、ヨシ、ガマ、スゲなどの草に占められ、透明度が低く、規模があまり大きくないものを指す。湖沼学上では、水深が浅く水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水域と定義される。 湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。沼地の植物は草よりもむしろ木の方が多い。( ´-`)(コピペ

  • さ、さらさらが池でどろどろが沼?←

  • 湖と沼の違いは水深だけど、池ってのはそもそもかなり曖昧

  • 浅いとか底に湿性植物が生えてるとか

  • なめてみればわかるよ!

  • ドロドロ感 「底なし池」とかありえないし

  • 深さかな? 素敵なアイコンですね

回答したユーザ
トラックバックURL:  
仙厓義梵 << prev
next >> パスポートのカバー