ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

130Rは175Rより何が45R足りないのか << prev
next >> 阿迦手観屋夢之助

よく考えると競馬は動物虐待だと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • どう見ても動物虐待にしか見えない。ギャンブルに動物は使うべきじゃ無い。

  • 本当は動物は自然のまま暮らしているほうが良いと思う。なのでペットも欲しくない。

  • 走れなくなった時点で殺したりするのはやっぱり違うと思うんだよね。

  • イギリスでは1レースあたりの鞭を入れる回数に厳しい制限が設けられている。これは言わずもがな動物愛護団体がうるさいため。そして彼の国の騎手は無制限の日本へ遠征してくると、情け容赦なく鞭を入れまくっている。ジャパンカップの週は注目。

  • 競馬も食肉も飼育もぜ~んぶね。当の馬達が嫌がってるかどうかは別にしてね。

  • その通り。勝てない馬の末路は悲惨。race見ると気の毒になる

  • 競馬は長い事、見てないけど、ゲートに入るのを嫌がる馬とか、ちょくちょく居るじゃないですか。あれ心痛みますよ。競輪の落車は肋骨を折るくらいだろうけど、馬の骨折は致命傷だから・・・。纏まらずすみません。

  • 欧州では食肉用の家畜についても殺すときに苦しまないよう配慮することが必要なんだよ。「肉を食う方が虐待だ」と言うのは世界でも日本人ぐらいだし、それはたぶん肉食の歴史が浅くてあまり物を考えてないからだろう。ただし、競馬は虐待だが荷役馬・農耕馬は虐待でない、とするには、ややトリッキーな線引きが必要だな。

  • みんなストレスで胃潰瘍なんだろ 動物アイゴー団体はようだまっとるな

  • よく考えなくても虐待に決まっておろう。ムチとかそんな問題ではない。食糧としていただく行為と、競わせて興とする行為とは明らかに別物。むろん牧場も厩舎も最大限の敬意をもって馬と接しているけれども、人間のなぐさみものになっているという事実は覆しようがない

×
  • これは競馬界の果てのない問題だと思うが

  • 微妙…虐待とも見えるし、違うとも見える。ただ、鞭の入れ方も厳しく決まりがあり(血が出るような叩きとか禁止)厩務員や騎手は馬を大切にしてるし…けど弱いのは始末だし…

  • 馬刺しにされるよりはまし

  • 説明できる言葉を俺は持っていない。それでも…

  • 食糧用途に特権性は無い。毛皮や実験動物などと同様に有用であればその意義に差は無い。人間が戦争の道具にしなければ確実に絶滅してたであろうことをどう思う。

  • 競馬事業で生活している人もいるしなあ……、迷うところだ

  • いや、あの…あなた方が食べている肉も、元を辿れば牧場で

  • 馬肉をよく食す熊本の人の立場がない。でもポシダ祭り(旧称。今の名前は知らん)はやや問題アリかなァとは思うけど。

  • まあ動物園さえ虐待と考える人がいるらしいからね

  • サラブレッドとして生まれた以上、野生には帰れん。家畜に重荷を背負わせてるのも虐待か。

  • 大事にしてるんじゃないかな

  • 虐待とは少し違うかな。馬は競って走る習性があるので走らせてるワケじゃないよ

  • それを言い始めたら野生では無い動物のほとんどが虐待に該当しそうな気がする。ペットはマシな方かもしれないけど。

  • 彼らが走ることをやめたら、いったい何が残るのか。

  • ムチを使いすぎるのはよくないが、競走馬は騎手を信頼して走ってるようにみえます。

  • よく考えてみたけれど、そうとは思えなかった。

  • あれは合図だから、どの程度、馬にとって痛いかが問題だけど、調べようがないから、何とも言えない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
130Rは175Rより何が45R足りないのか << prev
next >> 阿迦手観屋夢之助