ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

海外旅行をする為に空港に行ったが、肝心... << prev
next >> アスタ・ら☆きすた・ベイビー

ハードボイルドと聞くと優しさを感じる。(本当は冷酷、非情?)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • チャンドラー系が好きな層はそんな感じかもしれない。だからロバート・B・パーカーのスペンサーものとか、矢作俊彦のマンハッタンオプなどを私は好むんだなと云う自覚はある。

  • タフじゃなければ生きられない、優しくなければ生きる価値がない。ってか?基本的にマッチョなマザコンの痩せ我慢だから、今のロリ風潮の対極だね。

  • oan *

    なんかそんな感じ

×
  • 小銭形平次しか思い出さない。今調べたらジョセフおじいちゃんと声一緒なのな。

  • 何故茹で玉子なんだろなぁ。日本語では、濁音は雄々しい語感を帯びがちだが(女性の名に濁音は少ない)、英語でもそうなんだろか。

  • フィリップ・マーロウ?

  • チャンドラーも大藪春彦もそうは思わなかったなあ。

  • アレにはあまり美学が感じられない

  • Gメン’75

  • 物語の上では途方もない事件が起こっていても、感情を交えず淡々と描写するというのがハードボイルドだと思っていた

  • カウボーイが拳銃持って「フッ…」って言ってるような何かそんなイメージ。渋いねぇー

  • かっこよさを感じる

  • チャンドラー系列は甘ったるさ、ハメット系列は透徹性。国産ものは圧倒的にチャンドラーの影響下にあるのでその感じは一応解る。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
海外旅行をする為に空港に行ったが、肝心... << prev
next >> アスタ・ら☆きすた・ベイビー