ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

自分の家から1km以内に畑がある << prev
next >> 畑と田んぼの区別がつかない

話している途中でオチがないことに気づき、無理矢理オチをつけたら変な話になった経験

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「終わらない。この話どうやって切り上げればいいの??」と焦りながら話し続ける。

  • で、その変さ加減が結果的にウケて命拾い。

  • 落語家には向いていないことが発覚する

  • またそれもけっさく

  • わけわかんない話になったよ~

  • 真実をありのままに話してはいけない

  • オチつけ――! (これも強引)

×
  • たいていは「・・・と、まあそういうこともあったんだよなぁ」と締めて別の作業を開始して誤魔化す

  • 今度思い出したら無理やりオチつけてみようかな

  • オチなんて考えたことない

  • いつでも計算ばっちり。

  • オチは自然についちゃうな。

  • 無理やり落とさなくても。

  • ~だったんだ。それだけ。

  • いや〜私の話はオチがないと有名でして。ハイ。

  • 「それでオチは?」「無いです」「そう…」

  • オチをつけようとしてないのに、勝手にオチをつけられる。

  • 落ちが無いこと自体がオチのような気もする。

  • ハイ!おわり!って言っちゃう。。。で、オチは?って聞かれるのは言うまでもない

  • ウケねらいではなすってこと、あんまりない

  • 無理に付けず潔く余韻を味わう

  • 無理矢理つけたことはないな、オチのないまま続ける

  • 私は経験が無いが、ふじわら界隈だと話の途中で「ねえその話オチあるの?」と突っ込まれることが日常茶飯事らしい

回答したユーザ
トラックバックURL:  
自分の家から1km以内に畑がある << prev
next >> 畑と田んぼの区別がつかない