ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

自転車の補助輪無しで走れた時の記憶があ... << prev
next >> 受験における精神論

3本の矢の話、矢は折る物ではなく射る物なので、3本の方が当てやすいにした方が良かった

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • とっても前向きな感じがしていい。好きだな、こういう視点。錆付いて固まってたアタマが動き出す感じがするよ。

  • 弓道経験者としては、矢を折るなんて考えられない。高いんだぞ。(背景は完全無視)それから、当てようと思えば当たらないもんなの。

  • そうしておけば現代に至って「的を得る」と誤用をする人が少しは減ったかもしれない

  • nak *

    確実に当てる事ができるから結束して戦おう、だったかも・・・ 前にTVで誰かが言ってた

×
  • いや、「3本も刺さったら痛いだろ?」くらいにしたほうが

  • お城の天守閣で息子を呼んでるのに実演の手間がかかります。

  • 確かに、でも3本で当てるの難しそう、那須野与一太郎でも。3回引いてもいいならいいかもね。

  • 当てやすくはないでしょう? それに3本ばらばらじゃ説教にならない。

  • 「フレシェット弾のほうがええじゃん」みたいな話になりかねない

  • 当時は強弓だったろうけど、3本一遍じゃ中らないと思われます。縦しんば中ったとしても、そんな射方じゃ貫けない。

  • 弓は1本が3本になった程度で変わるようなものでもないし。もっと大量にあってこその武器。戦場で、弓道みたいにゆっくり狙うヒマなんて無いし。

  • のちの3点バーストである。ネタがかぶったけど何ともないぜ。

  • す、凄腕じゃないですか…。

  • 与一に任せれば3本も要らない

  • 3本束ねたら、当たるものもあたらなくなります。

  • 3本の矢の意味が変わるよ。

  • その場にあった物で説明する必要があり、ひと目でわかる事が大事だったと思う。数打ちゃ当たるでは誰かが外れクジを引くという事で殺し合う。我が子達の殺し合いを防ぐ説得だった筈。

  • まあ、それじゃ数打ちゃ当たるだ

  • 射る時に2本の矢を持つなって話、なかったっけ。

  • 折れたら射ることが出来ないわけだから…

  • まあ確かに、矢に対する要求仕様として「折れにくいこと」てのはあまり要求度が高くないわな。しかしそれなら、「鎖帷子を三枚重ねにすれば刃が通らない」とかそういう風な感じの方がいいのでは。

  • 「まだあと2本あると思うと当たりにくい」という話があったような気がする。

  • 当時の状況としては、攻める事よりも、3家を結束させて分離しない事が必要だというメッセージであったはず。その意味では的外れかもしれない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
自転車の補助輪無しで走れた時の記憶があ... << prev
next >> 受験における精神論