ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

バッファロー66 << prev
next >> 今でもβ版のビデオデッキがある。

和を以って貴しと為す

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 訳:殺し合わずに済むって、素敵やん?

  • 本意は決して「つべこべ言わず空気を読め」という意味ではない。むしろ逆。

  • 組織に属する以上は、これがないと排斥される。

  • とりあえず組織に属する以上は。

  • 和はいつだって貴いと思います

  • 有力な支持基盤を持たず、豪族間の絶妙なバランスの上に権力を維持した聖徳太子がパワーゲームを戦うために使った武器

  • 組織としての統一性や意志決定のプロセスを効率化する為のものだが、一般生活でもそれ相当のコミュニティに所属するから処世術としても必要な事なのかな。KY批判や国民性批判してして個性を主張するのも良いけど、所詮は何かに帰属していないと生きていけない訳ですよね。

×
  • 目先の"和"ばかりに気を取られてはいかん。これだけを強調すると、組織ぐるみの違法行為をまねくことになる。おっさんたちが並んでお詫びして、薄くなった頭頂部を見せるのを何度見れば気が済むのか。

  • 外国に対してはそれじゃ済まんのです。

  • そして外部がないがしろにされる

  • ”和”の中身が大事なんだ。往々にして馴れ合いと排外主義に終始するだけになる。

  • 以て為さずとも

回答したユーザ
トラックバックURL:  
バッファロー66 << prev
next >> 今でもβ版のビデオデッキがある。