ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

お洒落小鉢 << prev
next >> たま~に無性に食べたくなるものがある。

○[生=死] ×[生≠死]

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 個々の細胞がアポトーシス死するから多細胞動物が個体として生きることができる。一連の現象のどこを取り出して見るかだけの違い。

  • 生きていればそのうち死ぬし、死ぬのは生きていたから

  • =で繋ぐよりは、生→死

  • 生きてるから死ねる。 死ねるのは生きていたから

  • 生を享けた時、同時に死を享ける。

  • 生きるということは死ぬということなの

×
  • 生と死は、いつも隣り合わせ。

  • 生から死には向かうけど、死から生には向かわない気がするぞ

  • えっ なにこれむずかしい でも、同じじゃない気がする

  • 生きることは他生を殺めること

  • 見事に⇔だと思う。の だが 境界は果たして何処にある

  • なんか分かる気もするけど気分でこっち

  • 死んだ人間は生きていると言えない つまりはそういうことです。

  • 生と死をどう捉えるかによる。それにしても「IT'S DIE」はひどい。/あれ、post主のコメントが消えたよ。

  • 死ぬことは生きることのうちに含まれる、だぜ。たぶん

  • 同じ線上にあるけど、まったく違うと思う

  • 生きることは死に向かっていること、とかは言うけど・・・

  • 生は魂で物語を創り上げること。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
お洒落小鉢 << prev
next >> たま~に無性に食べたくなるものがある。