ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

縦割り行政 << prev
next >> コトノハマニア

月と太陽の地球からの見かけの大きさがほぼ同じなのは稀に見る奇跡だ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 生物が生きられる範囲に星ができたこと自体が奇跡でっせ。

  • そっか!地球すごい!

  • そう思います。。気付かせてくれてありがとう

  • 地球自体が奇跡の塊みたいなモンだとは思うけど、これもその一環なのか?

  • 今ここにいるのが奇跡かもしれません。 と言ってみる。

  • 違う大きさだと解ったことがすごい

  • 身近な奇跡

  • 地球は奇跡でできているから

  • 世間一般のSF映画って、他の惑星のこともこんな感じで描いちゃってますよね。あらためて考えると確かにスゴイ。

  • 月は天文学的には変な天体だ。

  • うむ。将来もそうとは限らないようですが。

  • 金環日食のときみたいに違うこともあるけどね。

  • 奇跡と謂ったら語弊があるが、必然性が無いには違いないわな

  • 月は地球サイズの星の衛星としてはやたら大きい

  • 遠くの親戚より近くの他人だし(意味不明)。

  • そうなんだよな〜合理的な説明って誰も試みてないんだっけ。

  • だから太陽と月は相対的に見られるんだろうね。

  • Dye *

    日食すごい。

×
  • 月はできた当時は今よりずっと地球に近かったわけで。徐々に遠ざかってたまたま今そういう距離にあるだけ。

  • 月っておいしそう

  • 他の惑星がどうなってるか知らない。多の星系も調べつくし、千万分の一くらいの事例なら奇跡認定してもよい。

  • 昔は月の方が大きく見えた。今は潮汐摩擦によって遠ざかりつつある。たまたま同じに見える時代に我々が生まれ合わせたという話。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
縦割り行政 << prev
next >> コトノハマニア