ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

彼氏がいるからといって友達(男)の範囲... << prev
next >> 復活書房

ラスボスに挑めるようになっても、すぐには行かない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • なのでラスボスの居場所に入ると戻れなくなる仕様が嫌い。初見で知らずに入ったら戦わずリセット。

  • 念のため妖精捕まえてこよう・・

  • クロノ・トリガーなんかは特にそう。全部イベントクリアしてアイテム回収してから行く。

  • まだやり残した事とかありそうだし

  • 飽きるまでレベルあげてから万全な状態でゆく

  • アイテム散策と無闇な金策を思う存分する

  • まずはやり込み要素を

  • もうちょっと、アイテム集めとかレベルアップをしてからね

  • レベル上げに武器強化にアイテムコンプにモンスター図鑑コンプにサブイベント制覇に…

  • せっせと準備をする。最後の装備を整える。お楽しみは最後にとっておく。

  • モンスター図鑑をコンプリートして、装備できる人みんなはぐメタヘルムを装備させて、もう少しレベルアップ!!

  • レベル上げたり武器揃えたり賢者の石持たせたり、色々することある

  • それなりの準備をしてから

  • もったいないからなかなかクリアしない

  • とりあえずいろいろ終わらせてから

  • イベントとか終わらせてから

  • 「さえずりの蜜が見つかれば姫さまとも旅も終わってしまうかも……。」 そういう感じです。

  • 俺TUEEEEできるまで鍛えてからだね(´Д`)

  • ラスじゃないけど、いまバルザックでそんな状況。(2008/01/04)

  • 他のダンジョンを全部回ってみたり人に話しかけたり

  • 鍛えすぎて、圧勝しちゃう

  • レベルを上げてから…

  • アイテム、武器防具の取り逃しがないかチェック。

  • ラスボスに「バイビー!」(できないゲームもあるけど…。)

  • レベル上げたり、装備とか道具揃えたり。

  • 取り残した武器防具やアイテムの補充をしてから。

  • ラスボス直前でセーブすると、戻る気力を失ってしまいます故。

  • 行かないね・・・。レベル上げてから。

  • サブイベントとか最強の武器とか防具探しに走ります。

  • 結婚したら暇がなくなり、FFがその状態で1年半以上放置プレイ。もはやクリアする気力も意思も無い。

  • レベル上げにいそしみます

  • やり残したことやミニゲームに走ってしまいます。

×
  • まずは様子見に。そこから対策を練って再戦。あわよくば初見撃破狙い

  • まず一回は殺されるだろ、っていう段階で行くほうかな。ドラクエ3のゾーマ、マリオRPGのカジオー、桃太郎伝説の閻魔 とか。もしかしたら一度はラスボスに殺されたい、一回で勝ちたくないという思いが根底にあるかも。いや、でもやっぱりけっこう道具とか集めるかも。

  • ゲーセンでのゲームじゃ、淡々とプレイしていても強制的にラスボスまで進んでいく。更に条件を満たせば真ラスボスまで出てくる。

  • もう少し体制を整えればいいのに、うっかりラスボスに話かけてしまったりする。

  • 大概、突き進んで失敗する。

  • とりあえずエンディングを見る。

  • RPGは戦術を楽しみたいので、キャパギリギリの戦いを好む。逆にシュミレーションは戦略を楽しみたいので、孫子的に戦う前に勝負が決しているプレイになる。

  • いや、ちょっくら行ってくる

  • 行きたくなる

  • Ularnの高レベルだとそういうわけにいかない。他のRPGでもクリアまでの時間制限を厳しくした方が面白くなるだろう。

  • フルボッコ(受動態)フラグは立てても良いけどフルボッコ(能動態)フラグは立てちゃいかんでしょ。JK.

  • とりあえず先にクリアする。楽勝なレベルになると興ざめなので

  • たしかやめたくてもある程度進んだら勝手に話が進んだりして戦わざるえなくなったこともあった気がしました

  • 確実に負けるぐらいの状態でがんばって勝つのが楽しい

  • とりあえず負けてみないとわからない

  • 一回は倒しにいくなぁ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
彼氏がいるからといって友達(男)の範囲... << prev
next >> 復活書房