ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

中国鉄道大紀行 << prev
next >> ナルニア国物語のエドマンドと食いタンの...

WindowsがOSシェア1位になれたのは、VB等のRADツール充実のおかげ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • VBやDelphiで、対応アプリが爆発的に増えたというのは、すべてではなくても一因にはあるとおもう。MS-DOS がシェア1位だった理由にはならないけど・・・

×
  • 今も昔もえっちな動機は明瞭です(w

  • それもあるだろうね。ベンダロックインの武器になるので。

  • いろいろ文句言われてるけど、結局Windowsは使いやすいからだと思うよ。

  • ゲイツの戦略

  • Win95がリリースされる前にMac側に有効な玉が無かったのが原因、低価格のモデルがあればひょっとしてという展開もあったかも

  • 他社が自滅したから。

  • 一因ですらないよ。PC/ATあたりから

  • MS-DOSからの流れ。OS/2がこけたのもあるかもしれんけど

  • InstallShield のおかげな一面もあるかも。

  • それでは MS-DOS がシェア1位だった理由を説明できない。Windows はただ単に MS-DOS のシェアを引き継いだだけと見るのが正解だろう。

  • そんな見方もあるのかねえ。個人的には全然違うと思うけど…。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
中国鉄道大紀行 << prev
next >> ナルニア国物語のエドマンドと食いタンの...