ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

胸のポケットに音楽を、片手には花を << prev
next >> Wっていいとも!

滅びの美学に共感できる。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「滅びの美学」といえば聞こえは良いが、リセットしたい気持ちの表れ。現状から逃げ出したい気持ちが少なからず影響してます。子供の癇癪のように、人間は何かを壊すことで自制心を守ろうとします。破壊の遺伝子が受け継がれています。そのまま持ち続けると崩壊してしまう精神を維持するために怒りを吐き出します。その究極、現状すべてをやり直したい気持ちが「滅び」になるのでしょう。理解はできます。ですが、それが逃げであることも受け入れなければなりません。

  • 否定はしない

  • わからないでもない。

  • 朽ちるものに惹かれるということでいいなら。

  • わからなくはないよ。

  • 場合によっては。滅びの美学自体は生きることへの渇望を含んでいるものだと思う。

  • わかるものもあります

  • 虞よ 虞よ 汝を如何せん

  • 白い服を着てカレーうどんを注文

  • たとえ、この命が尽きようとも、私はこの世界の帝王として、最後まで君臨しているのである。

  • ん。何となくだけど。

  • おわりのはじまり、 って惹かれる何かがあるよね。  頂上からちょっと傾いたあたり。

×
  • わからなくもないが、滅びには賛同しかねる。

  • 自分に酔うのは勘弁

  • もののあわれとも違うので、×を

  • 殉教思想とかは共感できない

  • 自爆スイッチしか思いつかない

  • フランダースの犬を滅びの美学と言われるとかなり納得できないものを感じる

回答したユーザ
トラックバックURL:  
胸のポケットに音楽を、片手には花を << prev
next >> Wっていいとも!