ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ブガッティ・w(ヴェー)ロン << prev
next >> ゴースト… これだけで何か思い浮かんだ?

grad,div,rotは普段ナブラで表記する(例:∇φ→〇,gradφ→×)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 教授がこちらを使って講義をしていたから

  • gradとdivがどっちかわからんくなるし

  • こっちかも 忘れた

  • 電磁気学の授業とベクトル解析の授業でしか使わなかった気がするが、∇を使ってた

  • もうあんまり覚えてないけどgrad,div等は専攻外の物理学基礎でしか目にしたことのない表記だ。∂はよく書いたけど

  • 学部生時代はそう書いていた記憶がある

  • どうしてもベクトル表示しなきゃいけないときはこっち。でも縮約使うことがほとんど。

  • 普段と言えるほどベクトル解析しませんが、するときは。

×
  • 「普段」というほど使わないので、内容が分かりやすい方にしとこかな。英語の単語も3つ+派生語が憶えられるし。でも、∇だと具体的に演算方法がわかるね。

  • rotってピンク色のイメージがあるんだがなんでやろ

  • 意味を取りやすい方で。grad, rotについてはご丁寧に上に矢印まで付けるよ。

  • ∇ばっかりだと個人的に見難い。

  • 全部筆記体でgrad, div, rot

  • 物理的イメージの掴みやすさでこっち。ナブラ演算子∇はダイアディックを扱う時に表記。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ブガッティ・w(ヴェー)ロン << prev
next >> ゴースト… これだけで何か思い浮かんだ?