ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

道に迷ったときコンビニで地図を立ち読みする << prev
next >> ドイツの自動車メーカーといえば、フォル...

携帯電話は人間関係を希薄にした

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 風通しのよかった古き良き日本家屋が断熱・密閉性に優れた近代住宅になったような感じ。

  • そうかもね

  • 希薄という言葉をどこまで見るか。確かに薄くなったと言えばそうだろうけど幅は広がったように見える。

  • 少なくとも女の子と仲良くなる為のドキドキ感は減ったよね?家に電話する時とか親が出たら何て言おうとか。

  • 便利になればなるほど想像力が必要なくなってくる。人間関係に大事な想像力も。

  • 「個」ではなく、「家」にかける体験は貴重だ。

  • face-to-face が無くても結構なんとかなるということを示した点で携帯電話の果たした功績は大きい。ただ現状を「希薄」と呼ぶのかどうかは疑問が残る。私の感覚では「奇妙」と呼ぶのが一番しっくり来る。

  • 分母が大きくなった分、濃度は下がってるのかもしれません。

  • 薄いのと濃いので二極化してるんじゃ?

  • 携帯電話のせいで重要なface to faceのコミュニケーションが減っていると思います

×
  • 「インターネットは直接の人間の関わりを」かな、どっちかと言えば

  • 携帯がなかったら自分の人間関係はもっと狭かっただろうな

  • 少し浅く、かなり広くなったから微妙

  • ”電話”とある以上、コミュニケーションツールですが。

  • 携帯によるコミュニケーションの先にface to faceがある相手とそうでない相手がいるだけ。携帯の普及につれて「そうでない」人間関係が増えた人は希薄になったと感じるのかもな。

  • 希薄の定義次第だけど、「人間関係が変化した」と、言うのが正しいかな。

  • 俺みたいな友達が少ない奴はね、あってもなくても同じ。

  • 無かった時と比べて変化はしたけど、希薄といわれると?と思う。

  • 親密に付き合う人とは携帯ありなし関係無く付き合っているだろうし、希薄な仲がつなげやすいのは完璧利点。

  • 時代は副産物も生産して進んでいくので、それは仕方の無い事でしょう?

  • 遠くの人とも難なく連絡取れるしな。電話帳って便利よね〜。

  • 電話が直接かかってくるから男友達からの誘いが増えた。家電はかけづらいもんな〜

  • そうですかね?まぁ、良いんじゃない?

  • 希薄なままでも人間関係が成立するようになっただけでは。ただその結果、濃い人間関係を望まない人は増えたかもしれない。

  • そうでもない。携帯メールはウザくしたと思う。

  • なら、電話も

  • 携帯電話を持つ前は、ほとんど電話を使わなかったのでよく分からない。

  • そう思ってるのは携帯を使ってるんじゃなくて使われてる人だけ

  • 自分については関係ないと思う

  • …ケイタイだけの問題じゃないかと、てつだってる面もあるのかな?

  • お手軽な人間関係が得られた人は、全体的に希薄にはなる。得られなかった人は、いつでも連絡がつくようになり却って濃くなる。

  • しいていえば、パソコンとか。。

  • 希薄というか緊張感は無くなったかも

  • 自分に関して言えば、無くても希薄だったと思う…

  • ていうより余計な不安を生む、すぐ連絡がとれるだけに…

  • 情報化時代に若者が乗り遅れるのを防いだ

  • いつの世も新しいテクノロジーは年寄りれんぢゅうに腐されるものです

  • 携帯電話だけじゃなしに、情報通信の高度化全体かと。その手軽さにすがってコミュニケーション自体を忘れがちになってしまってる人が多い気がする。自分含め。

  • 携帯がなかったら、もっと希薄になってる。てか、孤独になっていそう。

  • ○と言いたいのだが、携帯電話が無かったら自分は今より一人な気がする。いや、だから希薄?

  • 文字を丁寧に書く時間を、文章を推敲する時間にあてるようになったくらい

  • 電話があろうがPCがあろうが、本当に絆が強い相手なら会いたくなって会いに行くことになるだろうし、あんま関係ないんじゃなかろうか

  • むしろ、もともと日本人が陥りがちだった「人間関係依存症」に拍車をかけたのじゃないかと。

  • そういう人たちはもともと電話で間に合う程度の薄っぺらな対人関係しか築いて来なかったということ。その薄っぺらさが「いつでも何処でも」的な気安さに拍車を掛けてるんだろう

  • あってもなくても。

  • 元々薄口なのであまり影響ないです俺

  • どんな時でも繋がっていられるという状態が、逆にドロドロの粘液のような人間関係を作り出して、それに囚われているような。

  • 持っていない自分が言うのも変だけどそうでもないと思います。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
道に迷ったときコンビニで地図を立ち読みする << prev
next >> ドイツの自動車メーカーといえば、フォル...