ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

一度は呼ばれてみたい肩書きがある << prev
next >> 白川郷

母国語じゃなく、母語と言え

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • その違いに意義が有る文脈と意義が無い文脈がそれぞれ確かに存在します。

  • 外国語は? 非母語かな。

  • 昔、評論で読んだ。母国語と言うのは島国的な発想。

  • 明らかに『母語』と言うべき場面で『母国語』が使用されることがある。

  • 理屈は合ってるが、日本ではほぼ区別無用。「母国語」は日本語なので結果的に無問題。

  • そう言う人がいたけど、おれ、気にしてないや

  • 言語圏の境界線と国境とが一致する方が寧ろ珍しいから。私は普段からそうしてるけど、ただ、在日朝鮮人にこれを言われると「じゃあ『母国』に帰れよ」と言いたくなるのも事実

  • 般教で取った言語学の先生が再三強調していた。

×
  • 俺は村中で一番、母語だと言われた男

  • つまんない事を振りかざす奴だ。

  • 母国語でいいじゃないか。

  • 日本が母国ではなくても日本語が母語…ってことがありうるからでしょうか

  • Post主は肌色にも文句を言う人ですか?

  • 何でもいいよ。象牙の塔の理屈

  • 浸透している言葉を無理矢理別なのにしようとしても浸透しないよ。言いにくいし。

  • 母語という表現を今初めて知った

  • いいんじゃないか?

  • mother tongueだから母の舌って読んでいいかな

回答したユーザ
トラックバックURL:  
一度は呼ばれてみたい肩書きがある << prev
next >> 白川郷