ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「山吹色」とは「やまぶ黄色」という黄色... << prev
next >> BBSよりAutoLinkの方が書き込みしやすい。

蔡倫

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 後漢時代の宦官で、紙の発明者。「宦官」とは、宮中に仕える、去勢された男子のこと。

  • 「2年の科学」に出ていた紙の歴史に出ていた。古い漁網や木の皮などを突き潰して最初に紙を作ったと出ていた。

  • 「紙」という字は蔡倫以前からあったわけだけど、何時頃からあった字なのか興味深い

  • リトルブルーチョコさんのコメントで思い出した。紙ってヨーロッパより日本に伝わった時代の方が古いんだよな。

×
回答したユーザ
トラックバックURL:  
「山吹色」とは「やまぶ黄色」という黄色... << prev
next >> BBSよりAutoLinkの方が書き込みしやすい。