ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「方向」と入力しようとして「お不幸」に... << prev
next >> 天野月子

永世中立

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • スイス、但しバカサヨが考えるイメージと違いでかい軍事費が必要。

  • 美味しい立場よね

  • 徴兵制か。このご時世、有った方がいいかもね。自分の身は自分で守らなきゃ。

  • スイスは武装中立だが、スイス軍の軍事力を客観的に評価すればあんなもので他国からの侵略を防げるわけがないと誰でもわかる。スイスが中立を維持できた背景には、ナチスへの協力も含めたマキャベリアンな外交と、いざと言うときに他国に簡単に移転できる「金融業」に経済力の基盤を置いていた点が挙げられる。

  • 世界最強の軍隊を組織し、核武装し、米軍を追い出し、世界の規範となるような平和国家を築くのだ

  • に日本もなっちゃえば、スイスみたいに…と思う。ついでにアブサン作ってください

  • 中立の言葉の重さ。 そして、それを維持するという事。

  • スイス以外にも謳ってるところはあるよねたしか

  • 考え方によっちゃぁね。

  • みぃんなそうなればいいのに!と思った中学生のあたし。

  • でもスイスは中立を保つ為にかなりの軍備をしていることは意外と知られていないのであった

  • これ位狡猾になった方が良いかもね。

  • 小国が生き抜くための知恵。すごいとは思う。

×
  • しかるべき軍事力や経済力さらには基礎科学力、高い文化があって、相手の急所を握っていればできるのだろうが、永世中立である必要もない。

  • 冷戦時代のオーストリアの中立はソ連の間で交わされたモスクワ覚書によるものと言った例があるように、結局力関係における保障によるものなんだよね。スイスだってナチスと取引していたわけだし。

  • つまり自分の身は自分で守る、と。「抵抗しませんからどうぞお好きに」なんてのはどう転んでも中立とは呼べん。

  • 少なくとも日本じゃ無理だな。

  • 確かに冷戦期オーストリアの中立も結構面白い。あの狡猾さたるや。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「方向」と入力しようとして「お不幸」に... << prev
next >> 天野月子