ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

寝起きとバレずに電話に出れる << prev
next >> 優等列車に乗ったらトラブルで途中から各...

入学試験にはなあ、正解は常に一つしかない。だがなあ、人生には、正解はいくつもある。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 当たり前すぎて何が言いたいのやら

  • 人生に対する正解など人の数だけあると思うんだ。

  • 正解が存在しない問いもあるんだぜ。

  • まぁ道は1本だけどな

  • 正解がないことすらある。うん。

  • いい事言うね。うん。どんどん見つけていこうよ、正解。

  • 人生の正解・不正解は他人がつけるものじゃないが

  • ドラゴン桜(ドラマ)のセリフ。教育とは、受験とは何かを考えさせる名言だと思う。

×
  • 前者は後者の部分抜粋。本質的には同じ。両者とも、正解である様な範囲と、正解の度合が在る。前者の方が目的がピンポイントな分、ルールの一定したスポーツに成して、正解の範囲を狭める事が用を成し易い。

  • 言っていることはその通りだと思うけど、そういう説教くさい喋り方(?)が嫌い。

  • ・正解がいくつかある入試問題もあるよね?     ・人生に正解なんてあるのか(私は無いと思う)

  • 人生の採点者って誰ですか?

  • 入試の負け組の言い訳ってなぜこんなにワンパターンなのだろうw

  • 人生に正解もくそもない。自分がどう思うかだと思うよ

  • Britainthisさんに同意。それにもし正解という物があったとしてもそれは本人が決めることであっていくつもは無いと思う。

  • 人生には、答えはあっても正解はない。

  • 入試もテクニック上ベストな解法があるだけで、正解が常に一つってわけじゃないと思うよ。人生は正解が分かっても現実には選択できないことの方が多いかと。

  • よくありそうな教師の持ちネタ。終業式だか卒業式の日に披瀝するためにストックされている。

  • 人生における問題とは何か、それを見つけられなければ正否は問えない。

  • そこは「不正解はない」といういいまわしにしてほしかった。

  • 入学試験にも人生にもミスはつきもの。

  • 前段後段共に×。前段→別解あり、別ルートあり。後段→正解など無い。

  • 不正解もうんざりするほどある。陳腐。

  • 「社会に出たら毎日が試験」は言われたことがある

  • 入試にしたって小論文とかなら…とひねくれてみたりとか。

  • 数年前の千葉大小論文は正解が2つありました。

  • 人生に正解などない

  • 1つでいいから教えて頂きたい

  • 人生で挫折した中の人は不正解だと思うんだ(´д`)

  • いや入試でも複数答えのあるものがあるんだが・・・

  • 意図的に正解をなくした入試問題、もあるらしい

  • 正解をたどったって、たどり着くとは限らない。それが人生。

  • 入試にも正解が複数ある場合は結構あるが、それよりコトの本質は、皆「人生」について解を出す以前に問題定義がろくにできていないという点にある。我々は一生かけてその問題を理解しようとするのだ。

  • こういう喋り方の人、どっかで見かけた

  • こういったキメ台詞を三十年くらい経ってから反芻してみると(略

  • 人生に正解はない。人の作る設問は、作った者のみが正解を知る。残るは解釈のみだ。

  • 正解はいくつもないだろう。分岐点はいくつもあるのに。

  • 図形の証明問題に正解はいくつもあったような…

  • 入試問題でも正解が何通りかある場合は珍しくない。数学なんかは出題者も想定してなかったような珍妙な解き方をしてくる受験生がたまにいる

  • 正解なのかどうか、結局わからないことばかり

  • 正解なんて一つもない。

  • 二次方程式で解が2つ出て来たが、1つしか書かなかったら減点になったぞ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
寝起きとバレずに電話に出れる << prev
next >> 優等列車に乗ったらトラブルで途中から各...