ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

△ << prev
next >> W杯と言えば○サッカー×その他

劣化ウラン弾の開発に踏み切った人々の心境を想像できる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「サイズ同じでさ、もっと重いやつないのん?」

  • 理解や容認でなく想像であれば出来る。弾頭開発者の多くは材料の密度、強度、コスト、入手性にしか興味がなく、着弾後の粉塵が生体に与える影響のことなど考えていないと思われる。比較的良心的な開発者でも、上から「劣化ウランは放射性ウランを除去したものだから安全だ。」という保証を免罪符として思考停止し開発に当たったのだろう。

  • 廃棄物の有効利用//周囲に影響が及ぶことを想像していたかどうかは知らない

  • タングステン鋼の弾より安い。そして戦争で必要なのは何よりも金(カネ)なんだ。

  • ミスチルの「Everything is made from a dream」っていう曲の歌詞を思い出した。

  • レベルの高低はあるが、「いいこと思いついた」と言う恐ろしい人、どこにでもいます。

  • 「ヘイ、ジョニー! 今日徹夜したんだけど、ちょっとこの論文読んでくんない?」「ん、なになに? 劣化ウラン弾を兵器として再利用? うまく行ったら戦車の装甲をぶち抜けるかも? ワーオ!! すげえじゃん、リック! まさに一石二鳥、これ俺らノーベル賞取れるんじゃね?!」といった情景が繰り広げられたことは想像に難くない

  • 「捨てる以外に使い道の無かった劣化ウランを活用できるなんてナイスアイデア」と思った心情は理解できる。薬害エイズを引き起こした非加熱血液製剤にしても、最初はナイスアイデアだと思われてたんだよ。

×
  • 私が兵器開発の事情想像したって、素人目の頓珍漢な事しか言えんよ。

  • 幅跳びで砂場の横に踏切板ってあるよね。「踏み切る」っていう言葉には越えてゆくべき境界線のような響きを感じる。と考えたら急に線路の踏切が危険なネーミングに思えてきた

  • 廃棄物の利用という利点はよいが、使用後の影響までは頭が回らなかったようだ。

  • まあ、本当に有害なのかどうかわからないからなあ。とりあえずタングステン鋼使え。

  • 想像力の欠如+ちょっとした悪意…?醜過ぎる

  • 「儲けた~」とは思ったんじゃないかな

  • 心境の前にどこの国の人がいつ開発したかを知らないから何とも…

  • いやちっともわかんない。劣化ウランの被害者の写真をぱらぱらとみたことあるけど、ひどいね、

  • コストの削減が発端で被曝については無視あるいは好都合と考えたのか、いずれにしても積極的に推進した人間の心理がどんなものだったのか思いもつかない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
△ << prev
next >> W杯と言えば○サッカー×その他