ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

あんちょこ << prev
next >> テンション上がってきた

ローマの休日なのに英語なのが納得いかない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ローマの休日はいいんだが、「戦場のピアニスト」でホーゼンフェルトがドイツ語を喋るのはポランスキーがその点に強くこだわったから(並の監督だったら興行サイドの圧力に負けて英語を喋らせていた)、という話を聞いて、まあいろいろと思うところはある

  • マリーアントワネットなのに、デルモピュライの戦いなのに…どうせ全部英語だよ

×
  • その辺は気にしませんから。

  • 日本語吹き替えなら問題ありません。

  • アン王女とアメリカ人記者との恋物語だから英語でイイんだよ。

  • 深いことは気にしません。

  • それ言い出すときりがないので…。気持ちはわかるけど

  • 原題を見ても Roman Holiday であって、あれは別に A Holiday In Rome の話がしたいわけではないだろうから何ら不思議ではない

  • ハイジ、日本語喋っているよ

  • それを考えたら映画なんてかなり観れないよ

  • バカこくでねえ、ローマ語だろ('w

  • 舞台がローマというだけで、マーガレット王女がモデルではと思われる王女役を演じたヘプバーンとアメリカ人新聞記者役のグレゴリー・ペックの恋の話なんだからイタリア語で話す方が不自然じゃない?

  • 大丈夫、吹き替えは日本語だし(違w

  • なんで使徒やら怪獣やら宇宙人は日本ばかり攻めてくるのか、納得いかない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
あんちょこ << prev
next >> テンション上がってきた