ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

今でも雷が鳴ると臍を取られると信じている。 << prev
next >> 依布サラサ

大した実力差もないのに『格下相手にまさかの敗北』という表現

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そうでも言わないと自尊心を保てないのだろう

  • 実力と格付けは別の話だからな。

  • この表現で思い出すのは2001年のプレイオフで、格上だけどジリ貧のジャズに力つけてきたマブスが勝ったゲーム

  • 素人の判断する「実力差」の大小よりは、格付けの基になったであろう過去の戦績に重きを置きたい

  • うむ、格付けがある場合は別に問題ない。…「まさかの」に突っ込んでるのか?

×
  • 「格下」はどうでもいいというか微妙だが、「まさか」じゃないだろ。レベルが下のチームでも勝てるぐらいの最低限の力は持ってるし、勝ちたい気迫があるからこそ勝つ可能性がある。バルセロナのホームで内容もボコボコに0-4で負けたチーム(オサスナ)が4ヵ月後ホームで歓声を受けて物凄い気迫で2-2で引き分けたあの試合は自分にものすごい影響を与えた試合。でもこれは一例でコトに×をつける理由となる良い例はたくさんスポーツ問わずある。

  • サッカー日本代表のことかーー!w

  • 実力差とは関係なくこれ嫌い

  • 若干自惚れすぎというかなんというか。

  • たまに高校野球でも使うけど、あれは失礼だと思う

  • 本当にたいした実力差、無いのだろうか。

  • バレーボール中継のこと?

  • シンボリルドルフとギャロップダイナは明らかに実力差が

  • そのときの運やモチベーションにもよるよ(´д`)

  • 小学校の学級新聞よりヒドい文章

  • 自国贔屓もいいけど・・・ 『妥当』の敗北。甘やかすと伸びないよ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
今でも雷が鳴ると臍を取られると信じている。 << prev
next >> 依布サラサ