ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

○と×が戦ったら…… << prev
next >> ミイラ取りがミイラになる。

世の中が便利になればなるほど、人が持つ能力は退化していく

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ただ百年、二百年のスパンじゃ退化じゃなくて様相の変化だと思うけど。

  • よさくさん、raurublockさんに同意

  • 一方、東京-札幌間が2時間掛からず行き来できるようになれば「今日中に用済ませて戻ってこい」と言われるようになるわけで、便利→退化一方通行ではない。

  • そうなのかもしれない。

  • 便利な道具や仕組みによって生じた余力をどう使うかであるが、道具を使うことだけで終わってしまうと人の能力は退化するだろう。余力を生かすことは意外と難しく、やることが無くて無駄に過ごしてしまうことも多い。

  • ほんとそうよ。漢字覚えられなくなる

  • 退化というか、忘れられてゆく。

  • 残念だけど・・・ わかっててもどんどん便利に寄り添う私・・・

  • 能力をどう定義付けるかによるが、身体的能力に関して言えば退化すると思う。

  • 考えて試行錯誤して生み出そうとしなくなるからね

  • というか、人間の生物としてのスペックは7万年前から後退しっぱなしですよ

  • 免疫能力とか顕著

  • raurublockさんの意見にはいつも納得させられる

  • しかし進化も遂げている。

  • でしょうね。

  • それを退化と呼ぶか進化と呼ぶかは人それぞれ。私は単に「適応」と呼ぶが。

  • 精神的にも弱くなってくと思うんだ。

  • そうなのかもしれない…。

  • 「情報」という物がなければ、ニュータイプとは行かないまでも感覚が鋭くなると思う。 例えば、闇に慣れた人が光のある所にでた時、闇で機能していた物のいくつの感覚が失われるのだろう。

×
  • 2000年前の人類と2000年後の人類、これらと今の人類の能力に大差があるとも思えない。必要とされる能力が変わるだけで進化も退化もないように思える。が、まぁ便利な世の中で知識の専門性が高まるとコトの文面のように感じるのかもしれないね。

  • より優れたものを開発したり、水泳を筆頭に新記録も次々と生まれてるから一概には言えないかも。

  • 退化する能力もあれば進化する能力もある

  • 変化していくがより正確だと思う、便利な機械を使う能力は以前になかったもの

  • その時代の需要に応じて道具や手段は変わっても、人の能力(の平均値)はきっと変わらないのだわ。

  • 手からビームを出す宇宙人を見てると、あながちそうでもない様な気がする。

  • 仮に数値化してそれを証明しようとしても、バックグラウンドが違うのだから、単純に比較することはできないはず。縄文人の方が現代人より幸福か?なんて話題を思い出した。

  • 退化する能力があることは確かだろう。しかし、退化も進化の一形態なんですよ。

  • 昔の主婦は身長や体重の3倍以上もの米俵積み上げて担いでたと思うとそうかもと思うけど、退化で妥当とは思わない

  • 「退化する」かどうかまでは分からない。ただ、知恵というものが人類の黎明期のような生存の為の武器でなくなって来れば、淘汰圧が働かなくなる分だけ知的能力のばらつきは増すだろう

  • 便利さを享受するにはそれを捌く能力が必要な訳で。

  • まあ退化するものは不要になるということなのかな。でも歩けなくなったりはしないと思う。

  • 陸上競技とかの新記録を見ていると、身体的に特化することで能力を伸ばしている事例もあると思う。 

  • 記憶力や身体能力が低下するわけじゃないでしょうが(´д`)

  • 部分的に見れば退化かもしれないが代わりに別の能力を身に付けている。例えば闇に住む深海魚は光の届く所に住む魚のような視力はないわけだし

  • 他の動物と比べると、便利にしていく(道具を使う)こと自体が人間の能力なのかもしれません。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
○と×が戦ったら…… << prev
next >> ミイラ取りがミイラになる。