ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

留め置かまし 大和魂 << prev
next >> 歌番組でトークの時間を取るならその分そ...

この世の全ては、所詮解釈の仕方だけだ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • なのにどっちが間違ってるとか言う。っ宗教が間違ってるわけでも無宗教が間違ってるわけでもない。自分の目でみたこと、信じたことがその人にとっての真実

  • 論理の証明ですら、公理の選び方によって、真偽は変わるし、数学の証明は、論理が基盤だし、公理の無矛盾性が保証されていないし、ましてや倫理は相対的であるし、科学も微視的に見るか、巨視的に見るかによって、変わってくる。 相対主義は、いかなる学問にも侵食していると言わざるおえない。 そして、世界と理論の内的関係(写像関係)は、人間の解釈によるものに過ぎない。

  • 行為に非ず、行為に関する意見こそ人を動かすものぞ

×
  • 精神論から体育会系色を外したらかえってはるかに性質が悪くなるよな。体育会系の世界観は適用できる範囲があまり広くない、とも言う。

  • それだけで解決しない問題も存在する

  • それが100%かと言われると断言は出来ないな。

  • 全てに解釈をつけようとするからそうなるんじゃないかしら。

  • 難しい事言ってたって腹も減れば雪も降ります

  • そうかもしれないが、人間が秩序を付けないと・・

  • この世のすべてのことのなかで言葉にできることがいかに少ないか、実感したことがないのか?

  • 個々人においてはそうかも知れない。

  • 否定するわけではありませんが、所詮だなんてつけると、拗ねてるように聞こえるので。

  • 数学の証明なんかは「見る人によって正しかったり誤っていたりする」ということはあり得ない

  • 意味わからん。なにか言ってるようでなにも言ってない感じだね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
留め置かまし 大和魂 << prev
next >> 歌番組でトークの時間を取るならその分そ...