ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ネットで日記を書いたが愚痴ばかりになっ... << prev
next >> 「これ、私だと思って大事にしてね。」

松井秀喜5打席連続敬遠事件

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 録画派なのに放送そのままで見られたことは貴重な体験だった。ゲームは全力で勝利に行っても不快にならないのが完成形。すなわちゲームとしてルール整備が途上。そんなゲームはジャンケンくらいしかないかもしれないが。

  • 全力を尽くすってことの意味が分かっていればここに問題がないことは自明。

  • 応援席からゴミを投げる、ヤジを飛ばす、選手を取り囲み精神的に追い詰めるといった行き過ぎた抗議の方が問題。

  • 那覇商も全打席敬遠したのにこっちは全然叩かれてませんよね。不公平です。

  • あの事件があったせいで明徳義塾高校は石川県民の“永遠の敵”でも、野球の正式なルールであることも否めぬ事実。

  • 「スーパーヒーローが一人いるだけじゃ駄目、全員が力を出さないと」というような題目が見事に実証されてよかったではないか

  • 高校野球はスポーツではなく爽やかさ等を求める視聴者のための娯楽ショー。プロレスに近い位置付けだからヒールも必要だ。

  • スポーツはお遊びじゃない。それがわからない人達が騒いだだけ。

  • 敵チームなら仕方ない、味方チームでヒーローにならさせないため打席にも立たせないよりまし・・・

  • まぁ松井も結果としては出塁してるんだからそれで勝てなかったのは仕方ないんじゃないかな。どのチームも優勝目指してやってる以上は仕方ないこととは思う。

  • 心情的には残念だったが、まあ。敬遠できないような状況を松井の打席までに用意できなかったのが悪いとも言えるし

  • 勝負してみたいだろうに、ピッチャーも可哀想だなぁ。と思いつつ観てた。

  • 高校野球は見るためのエンターテイメントでは無いのだから、仕方がない。敬遠されても勝てるチームだったら勝ってたはず。

  • 高校野球の一発勝負は精神的な揺さぶりも効くからね。ピッチャーの気持ちに影響がないように事前にレクチャーしとけば采配としては納得できる。

  • 否定しては野球が面白くは成り立たない。

  • これを否定すると、次は何でもかんでもバントさせるのが槍玉にあがり、いずれ戦術もクソもない大味な学生草野球になる気がします

  • 「リアルドカベン」って事で、俺としては歓迎。プロならアレだけど、高校野球なら戦術としてアリかも。伝説にもなってるワケだし。

  • 当時はいかがなものかと思ったが、松井があれだけのバッターになったことで結果的には伝説の1つになって良かったんじゃないかと。本当は「勝てばなんでもアリ」って考え方は嫌いだし、松井がショボい選手で終わってたら×だけど。

  • あれがダメだというなら、最初から敬遠自体を禁止すればいい。負けたら終わりのトーナメント戦で、ルールの範囲内で勝つゲームをやって責められるいわれはない。教育的見地云々を言うなら、スタンドから明徳の選手に罵声を浴びせゴミを投げた客どもこそ責められるべきだ。以上。

×
  • 高校野球は勝つだけではない。甲子園は自分たちの青春を謳歌することも大切なことであり、それを無駄にした馬淵監督は立派な犯罪を犯したと思う。松井選手もかわいそうだし、その時の投手の河野選手もかわいそうだと思う。

  • 高校野球で教えることは勝つことだけじゃない。確かに勝利のための最善の策であったかもしれないが、それで非難される選手が気の毒。

  • 事件なんですか

  • かなり前の話になってしまったが、当時はインターネットがなかったし、改めて考えてみたい。 ルール上はもちろんOKだが、モラルとしては、どうかという問題になる。 やはり高校生ならば、勝利至上主義は、教育的見地からは、良くないと思う。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ネットで日記を書いたが愚痴ばかりになっ... << prev
next >> 「これ、私だと思って大事にしてね。」