ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

みかんのうた << prev
next >> ダブルブレスト

名曲は3回くらい聴いてようやくいい曲だと感じるものだ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そういう曲もあるにはある。

  • 1回聴いただけでいい曲だと思ったものはすぐに飽きると気づいた。

×
  • 聴いた瞬間「!」ってなる曲もある

  • モーツァルトの『ジュピター』は15回くらい聴いてみたけど分かんなかった。

  • それはスルメだ。1回目で感激してその後すぐ飽きるってのはただ勢いだけの曲だ。何回聴いても飽きないのは結局名曲だ。

  • 1回で引っ掛かり、3回くらいでやっぱりと・・・

  • 一回目で感動できる

  • まず一回目で何かが引っかかる

  • 1回で名曲だと感じたこともあれば、100回近く聴いて初めて名曲だと気付いたことも

  • センスを磨こうぜ(´д`)

  • 曲というのは、即効性があるけど飽きやすいもの、何度も聴いてるうちにどんどんよくなるもの等、たくさんの要素があるので、1回聴いて気に入ったものでも名曲だよ。そもそも難解な曲なんかは数回程度で把握できるものではない。

  • 「名曲というのは知らず知らずに聴いていて その後劇的な出会いがあるものだ。」byダブルダイス

  • 1回の時もあれば2,30回聞いて初めて良さがわかる時だってある気がします。

  • この逆なら真かも知れないけど、⇒は言えないな。ただ、最初に聴いた時と10年後に聴く時とでは好きな理由がまるで違ってるということはよくある

  • ヒント:創聖のアクエリオン

  • 出会い頭ですよ。

  • 一回聴いた時にピンとくる

回答したユーザ
トラックバックURL:  
みかんのうた << prev
next >> ダブルブレスト