ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

髪をカットしてもらうとき、好きなのは ○... << prev
next >> そういえば人間以外の動物が咳をしている...

人類最後の生き残りが遺書を書いていた。背後でノックの音がした。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 地獄への扉が開いたのですね。分かります。

  • 「お邪魔します、私mmrと申します」「前提条件お読みにならんかったんですか」「読みましたよ?これからあなたと逢いに行くんですよ。最後の人に」

  • 何者だかしらんが、後は頼むよー。(どうせNHKの集金ロボとか新聞拡張ロボなんだろうけどな!)

  • 「すいません、よその星から来た者ですが、道を教えてくれませんか?」

  • 待っているのは希望か絶望か…そして最後の一人が書いていた遺書は誰に宛てたものだったのか…

  • 成る程~、後は読者の想像力で補完しろということで。

  • それは人ならざるものだった

  • いろいろ考えてしまうな

  • 短いのに凄い面白いと思った。

  • 「世界一短い小説」かぁ・・・他にも作品があるならとても気になる。

  • おめでとうございまーす。あなたが勝ち残りましたー 賞品はハワイ5日間の旅でーす!

  • 「セカンドいくぞぉー!!」とか?ノックと言われてコッチを先に連想してしまった。

  • どっかで見たことある

  • ちょっと好きかもしれない

  • どうやら守備練習をしているらしい。

  • 上手い文章

  • 続きが知りたいですね。マトリックスのような世界観を想像しました。

  • 「ノック」は人類の文化?

  • この後、空き地で宇宙人が宇宙人が試合をやるらしい。

  • へぇ・・・いいですね、それ。

  • 世界一短い小説の1つだそうだ。

×
  • 今でもキツツキが音を出すと、誰かが来たことを妄想してしまう。だが今となってはたとえ誰かが来てももう遅い。

  • 他の生物が襲いにきたのかと思った。きっと逃げてくれる

  • 本当のことはわからない

  • 遺書いらんだろ。

  • エ・コ・ガ・ラ・ス♪的オチ。

  • もっと短い一文の小説がある。山形浩生がどっかに書いてたやつ。

  • 人類最後の生き残りの男じゃないのー?

  • 「人類最後の男が…」のバージョンなら知ってるが。まあオチは見えるよな。

  • ただ単に人類最後の生き残りと思っていたのが誤りだっただけ?・・・

回答したユーザ
トラックバックURL:  
髪をカットしてもらうとき、好きなのは ○... << prev
next >> そういえば人間以外の動物が咳をしている...