ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

体が硬すぎて、あぐら がかけない << prev
next >> 「道程」というとき、ちょっとしたひっか...

自転車で段差や砂利道を通る時、立ちこぎ等をして尻への衝撃を回避

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ガキの頃、二人乗りでこの状況になると「ヂケツー」と叫ぶのが流行った。

  • 段差は避けて通るが砂利道では窪みを避けて通る。

  • 体重移動的なものは意識せずともやってるらしい。適切かは兎も角。

  • 四肢はサスペンション。

  • 段差を超えるときはついでに前輪を浮かします。後輪まではできない(泣)

  • あー、うん、やるやる

  • サドルに座る時間の方が短いかも

  • まあ回避するのは膝や足首、肘や手首への衝撃も同じですけど。

  • 腰を浮かすのは自転車を傷めないため

  • 尻が重いものでして

  • でも愛機にはダメージ。

  • 膝をうまく使う感じで。まるでジョッキーのように。

  • 障害レースでの大竹柵飛越の如く

  • 自転車では、いかに体をサスペンション代わりに使えるかも技術なんだよ。

  • 尻って言うか体全体。

×
  • 怖くてできない。自転車に乗るのが下手。

  • 妙ちくりんなサスペンションがあるから、砂利道は気にしない。段差はコケるのが怖いからするけど。

  • 立ちこぎは急な坂か緩やかで長〜い坂が続く時くらいかな

回答したユーザ
トラックバックURL:  
体が硬すぎて、あぐら がかけない << prev
next >> 「道程」というとき、ちょっとしたひっか...