ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

辛いだけの毎日 << prev
next >> うちの県こそが日本一マイナーな県だと思...

昭和34年のセットが古めかしいのは変。当時は新品ピカピカだったはずだ。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 京都や奈良の古刹も同様。戦後14年しか経過していないので空襲を受けた都市部では新しいはず。

  • 最近は映像技術の進化でハイビジョンなのにわざと古めかしく撮影したり・・・。

  • 言われてみればw着眼点が素晴らしい。

  • 設定が昔の外国映画はピカピカしてるね

×
  • そうしないと昭和っぽく見えないからでは?

  • 今の人が昔のこととして見るんだから、忠実に再現するよりセピア色の方がしっくりくるんだと思う。

  • そんなばかな。

  • 全てが新品のまま生活しているとは思えないしね

  • 昭和34年=古いというイメージ、またそれを撮り残したフィルムが古い色を醸し出す・・・?

  • 察してあげましょうよ、ね?

  • ピカピカなのは、おやじの頭だけで十分です。

  • もともとあんなデザイン

  • 映画はよく知りませんが、一部はそうかも知れない。しかし、昔の日本の家や街、着物が、そんな色でしたし、古いものほど大事にしていましたので、たとえば、新品の真空管ラジオでも大事にされるような、ある程度は古めかしい色あいだったのではないでしょうか。

  • 昭和34年製の物が古めかしかったら確かに変だが。当時はまだ生活きつかっただろうから全般的に古めかしいんじゃないか

  • 「古い」んじゃなくて「汚れてる」んだよ。

  • 奈良時代の寺とかだったら当時は白地に赤のケバケバしい建物だったんじゃないか?と思うことがある

  • 多少古さを出した方がリアリティがあるのかも。

  • 全部が昭和34年製じゃないでしょうが。

  • これは当時を知らないので何とも言えませんね。元々あんな色合いなのかも

回答したユーザ
トラックバックURL:  
辛いだけの毎日 << prev
next >> うちの県こそが日本一マイナーな県だと思...