ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ジューンブライドで6月の大安吉日に結婚し... << prev
next >> いつも絆創膏を持ち歩いている

日本の歴史上初めて鬱(うつ)病になったのは、源頼朝の娘。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そんな出来事があったら仕方ない

  • 大姫(1178~1197)。自分の婚約者を6歳の時に父親によって殺され、以後20歳で亡くなるまで14年間鬱状態であったと言われる。

×
  • 少々有名なだけだろ。

  • そら探したらもっと昔からおるでしょ。

  • しらなかった。6歳で鬱になったりするんですね~結構interestingです

  • 病気の概念のない時代の伝聞を後付で最初とか言ってもなあ。ものぐるひなら平安文学にもよく出てくるし

  • 心の病、とは書いてあった気がする。初めてかどうかはわかんないけど

  • 平安時代の「気の病」との表現の中には、鬱病と思しき症状がいくつか見受けられます

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ジューンブライドで6月の大安吉日に結婚し... << prev
next >> いつも絆創膏を持ち歩いている