ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

この世の終わりだと思った出来事がある << prev
next >> 弱い者は、考えるしか能が無い。

ミイラは漢方薬

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 木乃伊取りの目的はそれ。

  • テレビかなんかで聞いたけど・・

  • 竜骨だって漢方薬だったくらいだし

  • 正直漢方薬としてどの程度の流通量があったかはかなり疑問ではある。ただし中世ヨーロッパでも同じように薬として売買されていたのは事実で、偽物もはびこっていたと聞く。そこから考えると、日本でも事情は似たようなものだったのだろう。

  • 防腐目的にプロポリスが使われていた、と本に書かれてた。江戸時代には削って煎じて飲んでいたとか。アーギボヅワリィ~

  • ミイラそのものは単なる媒体だけどな。いい薬を使ってつけ込んであるから大人気だったらしい。

  • この話を聞くたびに、とある方のハンドルを思い出してしまう

  • そんな話を聞いたコトあるよ

  • らしいね。冷蔵庫の奥に漢方薬が発生していたりします。

  • 昔はそうだったらしいです。今は流石に…。

  • カツオブシみたいに削って使ってたらしい。今はないでしょ。

×
  • 漢方より錬金術系だな欧州で消費された

  • Wikipediaには本草綱目を例に出して中国でミイラを薬にしていたように書いているが、あの項は「嘘かほんとか知らんけど、とりあえず載せとく」という話で、普通用いられる処方に配合されることはない。日本だと信仰的な習慣で即身仏の衣服や身体の一部を煎じて飲むことも行われたらしいので、民間薬にしてもオカルト的な意味合いが多分に含まれてそう。

  • うげええぇぇぇぇぇ

  • 日本国内でのミイラの出土数を考えると、江戸時代に流行したとされるミイラ薬が本物だったとは思えない(仮に本当に流行があったとしても、偽物だったからこそなのでは?)。以前、エジプトから輸送したとする放送を行ったテレビ番組もあったけど、ツッコミどころ満載すぎて信じる気がしない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
この世の終わりだと思った出来事がある << prev
next >> 弱い者は、考えるしか能が無い。