ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ウェブページ・ウェブサイトのことを「ホ... << prev
next >> 「藤」読み方は? ふじ→○ とう→×

100年に1回降る確率の大雨は、100年待てば必ず1回は降る

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • これはあえて逆張り。気象の「確率」は純粋な1/100抽選とは性質が異なるので。気象には周期があるし、「100年に一度」の災害がなぜかしょっちゅう起こりませんか?

×
  • 二分の一でも二回とも違うものになるとは限らないから同じ原理でw

  • 最近のテトリスってちゃんと7手ごとに各種1つずつ降ってくるんだっけ?

  • サイコロを6回振っても1は出ませんでした

  • 300何十分の1の確率とかいうスペックのパチンコ台で万札を溶かしまくってる人なんか全国に掃いて捨てるほどいます。

  • 違うだろ・・・。

  • 必ずではないかも。

  • 必ずしも降らない

  • そもそも前提条件として(地球温暖化等で)気象は変動しているのに、100年に1回の大雨なんて定義できないような気がするが。101年目と102年目に降った場合でも、その200年で見れば100年に1回の大雨。つまりそういうこと

  • そうとは限らない。サイコロで「1」が出る確率は6分の1だけど、3回連続で「1」が出たりすることだってある。確率を100%鵜呑みにしちゃいけない。

  • パチンコと一緒。1/315と決まってても来ない時ゃ来ない。

  • 初めの1/100が1年目、次の1/100が100年目だと間198年は降らないので。

  • 「100年に1回」でいう試行1回を1年の意味ということにしておく派が多いのに少し驚いた。まぁ1回を1日でやっても答は大して違わないけど

  • 実際のところは分布による。ポワソン分布、つまり去年大雨が降った確率と今年降る確率が完全に独立なら、他の人のコメントにあるように (1-0.99^100) ≒ 1-1/e になる。現実の気象現象は年ごとに独立と言えないので、結構違ってくる。しかしまあ○になるような分布は考えがたい。

  • 199年待たないとダメじゃね?//違うか。毎日降水チェックロールでダイス振るんだから何年待とうが必ず降る日があるわけではないのか。ところで何面ダイス用意したらいい?やっぱ100面?

  • 傾向性が外れる方向に向いているのなら・・・

  • 「確率年」ていうんですよね

  • (「100年に1回」をどう定めるか知らないが) 1-1/e で約63.21%

  • 「100年に1回降る確率の大雨」を算定したデータをどのくらい取っていたかどうかで変わってくる。せめて2000年は取って欲しいが、日本の気象データを取り始めてから130年くらいだし。

  • そもそも降水確率がどういう割合かってのを厳密に理解してない人だって一杯居る事だし。

  • そうとも限りません。

  • 二年続けて降ることもあるかもしれない。

  • いやーわかんないねぇ。こういう計算できる人すごいわー

  • 0%か100%でなければ、確率に必ずはない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ウェブページ・ウェブサイトのことを「ホ... << prev
next >> 「藤」読み方は? ふじ→○ とう→×