ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

毎回毎回負けるばいきんまんに対して同情... << prev
next >> 恩を■で返す。 ○←仇 ×←愛

新聞の冒頭文によくある「~が分かった」は、記者が個人的に分かったという意味

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そう思う。それと、誰かの発言に対して「~と見られる」などと憶測で記事にするのも大好き。

  • サル(=記者)でもわかるように話すのは難しい

  • 「個人的にそう受け取った」というだけでそうではないことも

  • それどころか、当たり前の事をさも「隠蔽されていた事実が露見」したかのように印象操作するのにも用いる。宮沢首相訪韓直前に朝日新聞が使った手口がそれ

  • 自分が解ったから、お前らにも教えてやるよ!的なノリ?

  • 科学的に立証されたとか、初めて社会の明るみに出たという意味ではない。たとえばトンカツソースは、味の割に成分の半分以上は「糖質」。これは業界ではよく知られたことだが、記者が初めて知ったことであれば記事の見出しには「ソースの糖質が意外に多いことが分かった」と書かれる。おまえだけ分かってどーすると激しくツッコミたい。

×
  • 全部がそうとは限らないかと。

  • 知らなかった~ でも何故に?

  • 業界のそんな常識を広く一般に知らせることも、新聞(一般誌)や記者の役目なんじゃないかしら

  • 自慢乙。でもひとつ賢くなった点は礼を言いたい。

  • 実験的データや資料を基に分かったというなら、社会的事実として「分かった」と言っていると思う。

  • 公式発表を伝えるのもジャーナリスト。

  • 「が分かった」で始まる記事はリークや1社取材の独自ネタ、「発表した」は記者会見や報道資料によるもの。

  • 明らかになったと言うことだから公的なものなんじゃない?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
毎回毎回負けるばいきんまんに対して同情... << prev
next >> 恩を■で返す。 ○←仇 ×←愛