ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

うどん麺とパスタは大して違わない << prev
next >> サンボが、ダンスではないことを知っている。

歌い手が良く言われる事が多いけど作曲者は歌い手以上に評価されても良いと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ぶっちゃけると作曲者っていないと駄目だけど歌い手はいなくても変わらない。

  • いい楽曲なしには、いい音楽として成り立たない

  • うーん。歌い手さんと作家さんの力が一緒になって一つの楽曲になるわけだし、どうなのかなぁ。

  • それは反対に聴き手のセンスも問われるという感じで

  • 菊池俊輔さんとか

  • 作曲して歌ぇるひとの歌をよく聴きますけど。^^*

  • そうだねえ。あと編曲者。

  • ヴェルディやプッチーニは現状でも十分高く評価されている。歌手の寿命よりも長く歌い継がれる歌を作れば問題ない。使い捨てで消費される歌を作っている限りは難しいだろうが。

  • 数年前、洋楽で「作曲者(兼ドラマー)+歌手」という組み合わせのユニットが流行ったけど、きっとこのコトのような傾向が嫌だったんだろうと思う。

×
  • 同じくらいの評価で。あ、でも歌い手が駄目な場合は…

  • 表面に立つのは歌い手、作曲者はあくまで縁の下の力持ち・・・

  • タイミングとバランスと気概と気合いです、

  • 歌詞重視だから何とも。自分で作詞作曲する人が好きだ。

  • 極論言ってしまえば作曲者は取り替えが効く。歌手の方が唯一無二さが大きい。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
うどん麺とパスタは大して違わない << prev
next >> サンボが、ダンスではないことを知っている。