ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

フレーベル館 << prev
next >> Wikipediaに自分の項目が載る妄想

最終的に学校のテストは、PCで計算したり、検索して答えを出す能力を判定したらどうか?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • いんじゃない?

  • 情報処理系の科目ならありかな、と

  • 数学とかに関してはそれはそれでアリな分野はあると思う。でも、ポケコンとか関数電卓持ち込み可の試験って余計難しいけどね。

  • まあ使い方次第だけどな。電卓持込可の試験だってあるわけだし

  • 大学上学年とか、院レベルの高度な応用が必要な試験でならいいんじゃない?

  • PCが普及してる現代では、計算力より計算式を導く力、記憶力よりも素早く検索して答えを見つける力が必要では?  でも、格差をつけるために紙を使ったテストの形態は必要なのかな。 ただ、PC代がかかることと、不正防止が難しいから実現は難しいかも。 /そうそう、アインシュタインは数学が苦手だったし、海外には九九が苦手な数学者もいる。要は、どの能力を重視して伸ばしていくかだね。

×
  • まあ、実用的だけど、今じゃ無理だろうね

  • 人間の進化する可能性がゼロになるな。

  • 人間をこれ以上機械部品化するつもりか。

  • これは釣りのネタコトだよな?

  • 知識は蓄えるもの。情報とは違う。

  • 計算の仕方、わからないことをどうやって調べるかというのはPCに限った話ではないから、もっと根本的なところから教育しないと。先端ばかり整えても、根が弱ければ後々辛くなるよ。

  • それはそれでどうかと。

  • こんな事をぬかす奴たまにいるけど、 そういう人って自分の頭を使って勉強する事の意義がわかってないと思う。

  • その答えを出すサイトやソフトを作る能力、はたまた原理を理解しなければ今後の発展はない

  • PCを使いこなせるだけの想像力・創造力等を学ぶのが教育の筈。そう、その筈。多分その筈。

  • PCが無い状態においての能力について何ら触れられてない分、○を付けられない。それだったら、状況判断や交渉・折衝力などを試験にするって言う方が能力の汎用性から言ってまだ意味がある。

  • 電卓持ち込み可の試験はあるけど中学までは紙でやって欲しい。

  • 高校までは紙と鉛筆で。大学以上になったら、まあ、いいかな。

  • PCで計算ってそれは「情報処理技能検定」では。

  • そうゆう部門があってもいいでしょうけど、検索してある程度正しい答えを出す能力を鍛えるには現状のような教育も必要だと思う

  • そんな極々一部の能力だけ判定されてもなあ。

  • 社会に出たらそうは思わんハズでは。自分も学力がないから結構苦労してんだけど。

  • 学校の勉強は思ってるよりずっと大切だし大人になっても役に立つ

  • 現状の学校教育がうまくないことは認めるが、じゃあどうしたらいいかと言うと難しい。そもそも学校教育というやつは、どういう人材を育てるべきなのだろうな。

  • 文部大臣じゃないので

  • 宿題ならそれでもいいと思うけど・・・

  • 子供は鉛筆でカリカリ勉強してなんぼ

  • とりあえず、このコトは確実に添削されるかな

  • それは学校のテストが終わってからなしなさいボク。

  • mixiとかで課題を丸投げしてる大学生とか見てるとね…

  • ネットの普及によって単なる《博覧強記の人》の価値が薄れたのは事実。ただ、Mathematica やら Matlab やらの扱いにどれだけ長けてみたところで、それで数学的思考が養われるとは思えない

  • 機械に頼るだけじゃダメだろ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
フレーベル館 << prev
next >> Wikipediaに自分の項目が載る妄想