ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「岡村」孝子→○ 靖幸→× << prev
next >> 友達の家に行って漫画を黙々と読んでたら...

ダイオキシンには大した毒性はない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • V剤とかリシンに比べればたいしたことない。

  • そう言えばどっかの大学の薬理の先生が、大した毒ではないのではないかと言っていたな。まあ、急性ではせいぜいシアン化ナトリウム程度なんだろう。

  • わたしの血液はダイオキシンで出来ている。

  • 農薬工場から大量に(100kg以上)漏れる事故があったが死者は一人もいなかったとのこと / こういうのって、グリーンピースの嘘情報にマスコミが便乗したからなんだよね

×
  • とは言い切れない。死者が一人も出なかったからといって、大した毒性がないという結論にはならない。ある一定の濃度を超えると毒にもなるのでは。まぁ放射能に比べれば大した毒性ではないかもしれないが。

  • 種類による。

  • 「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」とはいいブーメランだ。経済学なんかはもっと酷い世界だけど。

  • よしおさんに同じく。

  • 嘘八百にもほどがある

  • 致死性の高低が毒性の強さを決める尺度ではない。発ガン性・生殖機能へのダメージなどが危険視されるため、大した毒性ではない、とは言えない。

  • そうなんだ、もっと体に悪い事普段からしてるからなぁ

  • 蓄積された場合が問題視されてたように思う。

  • ダイオキシンにもいろいろあるでしょう

  • 魚には、ダイオキシンが溜まりやすいぜ。

  • 毒はないにこしたこたーない

  • そう思うならたんと召し上がれ。

  • 微妙なとこだけど毒性なんてどんな物質でも量次第であるからねー。数年前まで異様に騒がれてたほどの(短期的な意味での)猛毒ではないと思うな。ただ長期の影響とか見ると、発がん性とか仕組みがよく分かんなかったり、実験動物によって敏感だったりそうじゃなかったり色々あるみたいだしよく分かんないってのが本当のところ

  • 死ななきゃ大丈夫ってもんでもないと思うよ。

  • 「ダイオキシン」は一種類ではなく、一連の化学物質の総称。毒性も弱いものから強いものまでさまざま。

  • なかったらピコグラムなんて小さい単位で騒いだりしないよー

  • 食ったことないから知らない。

  • うーん。なんか、そういう説もあるようだけど、結局まだはっきりしていないみたいですね。いずれにしろ、毒性があるかないかは、量次第だから×。

  • そもそもダイオキシン自体に用途がない以上、純粋に100kgあったりはしない

  • 即死はしなくても、後でガンになって死ぬのよ。

  • 単体ならたいしたことなくても、周りの大概のものに有害物質が含まれてるから集団で襲われてると思うと…

  • 枯葉剤。あれは死ぬ薬というより奇形児を誘発する作用のある薬だと覚えて居たのだが。

  • 環境問題になぜ嘘がまかり通るかといえば、得する奴がいるからだ。毒性がないと言えば得する奴も必ずいる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「岡村」孝子→○ 靖幸→× << prev
next >> 友達の家に行って漫画を黙々と読んでたら...