ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

絶縁 << prev
next >> 私物を壊されたり・食べ物の場合はくわれ...

「意識」ってものが一体どうして存在するのか非常に気になって仕方がない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 催眠療法を受けたら分かるのかな?

  • より正確に言えば、意識っていうよりも自我という概念が気になる。

  • たまにわけわからなくなる。

  • あと宇宙もね。

  • 科学反応と電気信号がどうして一体の思考として認識されるのか

  • 人間の脳ミソってのはブラックボックスなんだな。解明されてそのうち精神病なんかも手術で直ったりするようになるのだろうか…と言うと意識=脳みそと言う感じになるがそういうわけではなくて、(略

  • 意識って何処にあるの?

  • こんなにいっぱい細胞があるのに、なんで意識はひとつなんだろう。

  • やはり最終的には電気信号と化学物質が見せている夢に過ぎないのだろうか

  • 小学生くらいのころすごい不思議だった。あと空気や水についても

  • 古代ギリシアの昔から哲学の主要命題のひとつだね。最新の脳科学を引用して分かったようなフリをするのもひとつの手だけどな。

  • なんで分子の集まりがモノを考えるんだろ。未知のいわゆる霊的なエネルギーが加わってそうなるのかねぇ。

×
  • そんなんどうでもええ。

  • どのように、なら。

  • 掘り下げて考えすぎやねん!

  • 一定の思考力から構成される仮想的編み上げ靴

  • その辺はわりと素直に受け入れてた

  • ただの仮構だよ。しかしてそれで十分だ。

  • フロイトでもケロイドでも勝手に読んでください。

  • むずそうだから考えたくない(^-^)

  • 意識とはなにか―「私」を生成する脳 (ちくま新書) (新書)  茂木 健一郎 (著)

  • 『ユーザー・イリュージョン』借りたのに、読まずに返しちゃったな

  • それを「意識する」というわけね

  • そんなに気にならない。自分の右手で自分の右手は触れない、自分の目で自分の目を直接見ることはできない。だから、自分の意識で自分の意識を解明することはできないんじゃないかな。

  • ↓のAmazonに出てる本を片っ端から読み漁るといいよ。

  • それを知ろうとする主体もまた我々自身の意識である以上、最終的に納得の行く答はたぶん出ない。ただ、意識と一応呼べるだけのものが成立する必要条件がどういうものだかについてはおそらく現時点の方法論の延長線上でも可能かと思う

  • 考えた事がなかった

  • 意識とは脳・神経系の機能。呼吸が肺・気管の果たす機能であるように

  • 電気信Go!な感じで。難しいので考えない。

  • 「順列都市」みたいに人間の脳を計算機でシミュレートすれば、そこにも「意識がある」し「モノを考える」ってことになる。逆に言えば、意識ってのはその程度のものだ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
絶縁 << prev
next >> 私物を壊されたり・食べ物の場合はくわれ...