ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

使ったら元の場所に戻せ。 << prev
next >> かかってきた携帯を取る時、初めに名前(...

子供の時に家が貧乏だった

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 更に田舎で親が自己中だと最悪

  • 今思えば。。他の家庭と比べると、大変だったと思います

  • 幼少時、夜中に引越ししたことがある。子供だったので楽しかったが、後で考えて夜逃げだったと気付いた。

  • あまり意識していなかったが、裕福とは言えなかったようだ。

  • 自営業をやってたが、経営難で高校2年のときに店を畳んだ。だから、決して裕福ではなかったとは言いきれる。でも、祖父母はお金を持ってたな

  • 父親が読み書きの出来ない人だったので。借金がなかったのがせめてもの救い

  • 当時の実感としては「中の上」な感覚だったが、両親が本業以外にアルバイトしてたのを考えると、収入は決して多い方では無かったんだな、と思える。苦労をかけていたことに反省しきりノハ。

  • お金の使い途が間違っていた。お正月の晴れ着も買ってもらえず、従兄弟の間で惨めな思いをしていたのに、父は一方で山林や宅地を買っていた。

  • 母の昔の日記を読むと「給料日前はお米も無くて子供達(私と妹)がお腹が空いたと泣く」とか書いてある。しかし全く記憶に無い。

  • 実態はどうだったか知らないけどお風呂の中で「うちはね、この町で一番貧乏なのよ」と母親に教えられ、貧乏の歌(多分なんかの替え歌)を歌わされた。

  • うちは小作農家の血縁だから、今に至っても貧乏です。小学校時代はジャージや古着のシャツ、トレーナー着て靴下なんて履かないで学校へ通ってた日がほとんどだったし、中学・高校だって辛抱しつつやっとの思いで学生生活を送ってました。

  • 今も決して裕福な家庭ではないけど、お母さんの子で生まれて幸せ。

  • 死ぬほど辛かった。二度と戻りたくない。昭和50年代の日本でだ。自分は白米を満足に食えなかった。

  • そこまで生活に困った記憶はないけど,今思うとかなりギリギリだったはず.(それでも私と弟が大学まで行かせてもらえたのは,父が死に者狂いでがむしゃらに仕事を頑張ってお金を工面してくれたからです.感謝と尊敬の念)

  • 決して裕福とは言えない生活だったな。

  • と思う。アパートがボロボロだった。でも食生活だけは気を使ってくれていたのだと思う。

  • 裕福ではなかったが、親の苦労でそれを感じさせないように・・・

  • 近所のお兄さんやお姉さんのおさがりを貰っていたことある。兄貴のおさがりの黒い長靴を履かされた時は正直、泣きたかったなぁ。♀です…

  • 極貧さ。今は結婚してまったり暮らしてるけど、実家はさらに貧しさ度合いを更新中。

  • 転職の多い父親だったからねぇ。でも家族の仲は良かった。

  • はいはいお風呂にムカデが出ましたよ

  • 下の下の下の下の(ry

  • 下の下の下の方に同じ。 と書かないといけない雰囲気は一体…

  • 今でもだが、ご飯も残り飯ばかりだったし、高校の入学はもちろん入試代すらままならないくらいだったな。 正直悪いとは思うが出生を恨んでる

  • 金儲けとは縁遠い浮世離れした職業の父が2間の狭い家の片隅でミカン箱ひっくり返した机で論文書いてた記憶。しかしそんな暮らしを苦と思ったことは恐らく家族の誰もなく少なくとも私は質素であることを楽しめる人間に育った。

  • 今よりは大変だった。

  • 絵に描いたような貧乏って訳じゃないけど、裕福だなとは思えない程度だった。

  • 雛人形がなかった。服、学習机、ランドセルはいとこのおさがり。塾に行かせてくれなかった。オカンが仕事のほかに新聞配達をしていた。

  • ガチです。借金どんくらいだったんだろ。10年前くらいに完済したみたいだけど

×
  • 家が狭かったのを除けば普通

  • 母親は○ですが、父親は世間体を非常に気にする人物。貧乏とは程遠い贅沢三昧の状況ながらも、母親は事ある毎に「ウチは貧乏」「お金がない」と発狂する状況でした。

  • と、思ってた。子供の頃は家のトイレがぽっとんだったってだけで「やーい貧乏貧乏大貧乏」ってからかわれてた。実はおばあちゃんがケチなだけで全然生活に困ってなかった。

  • いまもむかしも変にびんぼーだよ。でもぱそこんもらえたしなんかよくわからないよこの家

  • 寧ろ、今が貧乏かもしれない。

  • 裕福な家ではないが、貧困家庭ではなかった。同級生の中には、デパートに殆ど行ったことが無いというのも居たが、よく連れて行って貰ったし、私学にも通わせて貰った。

  • 今はなき「総中流」の一つだったのではないかと

  • 比較的裕福でした。全然遊んでくれなかったけど…というか、小、中のときなんて父親をみたことなんて稀だった。(不仲ではないよ)

  • 裕福といえば裕福だったし、貧乏といえば貧乏だったので自分でもよく分からない

  • 昔は裕福だった。中学後半くらいからどんどん貧乏に…

  • わからないが、雨風しのげて三食食べられて、衣服に困らなかったので貧乏とはいえない。

  • うちは若干裕福でした。服が全部フリフリだった

  • 感じたことはないなぁ。何しろ凄まじく計画的な両親だった。

  • 中学校に入って自分の小学校の学区は所得の高い人が多いのだと気づいた

  • どちらかというと裕福な方に入ることを最近知った

  • 貧乏だと思わされていたが、父の金遣いが荒かっただけ。

  • 苦労したとは聞いてるけど○と言っていいのかどうか

  • 服が前だけ…とかではなかった。

  • 実はそうでもなかったことが判明した。

  • 普通とは違うところに金かかってました。

  • いろいろな面で恵まれてました。

  • 何でも買ってくれないので、かなり大きくなるまで貧乏なんだと思ってた。

  • 普通だとおもうですよ

  • たぶん普通なんだと思う。今は私自身が貧しい

  • 貧乏ではなかった

  • バブリーだったけど…/○に元尾崎直道さんの息子さんがいらっしゃるようで(違!

  • 自分の育成にかかった費用を思えば自らは子供がもてん!

  • 将来こんなになるなんて想像もできないくらい裕福だった。 ような気がする。

  • そうでもない。普通だった。

  • 結構恵まれてる。お小遣いはくれないけどね。

  • 特筆するほど裕福でも貧しくもなかった。

  • 頼れる祖父母無し+親が公務員(だと一部補助金の対象にならない)ので苦労したとは聞いてる

  • そうでもない。今よりも裕福だったし

  • 至って一般ピーポーなんだが。貧乏でもなく、金持ちでもなく。今は両親は必ずグリーン車に乗るような人だけど、どっからそんな収入を得てるんだ?役員でもねェのに。

  • そう思ったことはなかった。

  • そうでもない。

  • そうでもなかった様子。

  • 逆に子供の頃の方が若干裕福だった

回答したユーザ (113人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
使ったら元の場所に戻せ。 << prev
next >> かかってきた携帯を取る時、初めに名前(...