ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

鉛筆を転がして、人を笑わせたことがある。 << prev
next >> けいとのパンツをけいぱんって言う

老人力

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 赤瀬川源平氏の著作。老人力が付いてくれば、嫌なことも早く忘れることが出来る。

  • 老いを受け入れる

  • 「~力」の走り。巨大産業を創出した

  • 言葉としては最悪だと思ってるけど今ご年配の方の力が必要と痛感していてお借りしたいと思っている

  • 努力なしでもついてきたぞ

  • 必要らしい

  • 「老人力」はまだ読んでないけど、尾辻克彦名での「我輩は猫の友だちである」は凄く好きです。

  • 最近、老人力ついてきた。//読んでない人は是非。//ハンディキャップに対する肯定っていうのは全くその通りで、 うまく説明できなくて悔しいけど、そうだなぁ。針供養というか、 例えば、高校3年間運動で使い古した運動靴を見てお疲れ様とか言ってみたりする感じに似ている。 歩んできた道を噛みしめるというか。 あ、ぴったりの言葉があった。侘びさびだ。

×
  • 「ろうじんか」って読んだ

  • 赤瀬川原平は全力で否定。

  • 竹内力はまだそう呼ばれる歳じゃない気がする。

  • 自らのハンディキャップに対する肯定・精神的余裕は本来年齢には関係ないと思う。負け惜しみみたいで嫌。だから言葉としても定着しなかったんだと思ってる。

  • そういや読んでない。ちくま文庫だったかな

回答したユーザ
トラックバックURL:  
鉛筆を転がして、人を笑わせたことがある。 << prev
next >> けいとのパンツをけいぱんって言う